乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

30代の乳癌。早期発見する方法とは?

30代の女性の皆さん、乳がん検診、行かれてますか?

またご自分で胸のセルフチェックしていますか?

小林麻央さんが亡くなられ日が経っていくなかで30代の女性でも乳がんになることがある、他人事ではないという思いになります。

早期発見、皆さんはどのように取り組んでいますか?

日々、慌ただしくなってしまう

【30代女性に広がる不安】
家事に育児、そして仕事。
自分の健康に向き合う余裕のない30代の女性たちの間では、小林さんの報道を受け、不安の声が広がっています。

160707-16.jpg街で30代の女性に話を聞くと、
「30代は乳がんになるというイメージがなかったので怖いと思いました」
「人ごとではないと思いました」などと話していました
1歳の子どもを持つ母親たちが育児サークルを訪ねると、いずれも、報道後、乳がんの話をよくするようになったということで、「乳がん検診を受けた方がいいと思った人は?」と問うと、ほとんどの人が手を上げました。

https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/1000/248531.html

子育て、家事、仕事

子供の健康管理を優先になったり、家の用事が優先になったり、仕事を優先になったり。

自分自身の健康管理をどうしても後回しにしてしまう状況の中にありますよね。

 

本当に早期発見が大事

早期発見の最大のメリットは「乳がんで死ななくてすむ」という確率が高いことです。
図1でわかるように、小さな乳がんはほとんど命を脅かすことがないのです。そして、乳がんが発生した小さな部分に留まり自覚症状もない状態なら、乳がんの手術も恐れる事はありません。

早期発見なら乳房を温存するなど、自分の希望する手術法や治療法を医師と相談して選択できる可能性も高いからです。また、入院期間や再発防止の治療期間なども短いので経済的負担も軽くすみます。きっと今までと同じようなライフスタイルを続ける事ができるでしょう。

乳がんが「見つかる事」が恐い事なのではなく、「知らないまま」が恐い事。あなた自身の身体と生活を守りあなたを愛する人たちを悲しませないために、「自分でできる事」と「ちょっと勇気があればできる事」を知り実行しましょう。

http://www.j-posh.com/checkup/early_detection/

早期に見つけること、早期に治療を始めることがとても重要ですね。

まずは勇気をだして検診、セルフチェックですね。

 

30代の乳がん検診

30代の女性に適した乳がん検診とは何でしょうか?

30代では、まず自分の乳房の状態を日ごろからチェックし、何か異常を感じたら、乳腺の専門医の診察を受けることが大切だと言います。

日本乳がん学会理事長 中村清吾医師
「乳房の(がんの)場合は体表にあるので、自分で触ってわかる。
自分のふだんのコンディションを知っておくという意味では非常に大切。」
 

 

チェックの目安は、月に1回程度。
重要なのは、そのタイミングです。
生理の前は、胸が張りやすいので避けた方がいいと言います。

日本乳がん学会理事長 中村清吾医師
「生理が終わった後、4日〜1週間くらいの間は、非常に胸が柔らかくなる時期、そういう時期に触診を行う(とよい)。」

「リポートでもお伝えしましたが、国は、マンモグラフィーは40歳以上を推奨していますが、自治体や企業によっては、30代からとしているところもありますし、もちろん自己負担で受けることもできます。

 

『マンモグラフィー』は、見たり触ったりしただけでは分からないしこりや、小さな乳がんを見つけることができます。
ただし、リポートでお伝えしたように、若い人など、乳腺の密度の高い場合は、がんを見つけにくいんです。」

和久田
「超音波検診という方法も聞きますよね?」

清記者
「乳房の表面に機器をあてて、超音波で調べる検診です。
こちらは、乳腺密度の高い若い人などに適していると言われています。
ただ、マンモグラフィーと比べると、治療の必要のないしこりなども『がんの疑い』として拾い上げ過ぎるという調査結果もあり、検査の有効性について検証が行われているところです。」

http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/06/0627.html

 

一般に30代までは乳腺エコー、40代以降はマンモグラフィーが推奨されるそうです。
なぜなら30代までは乳腺が発達していて、胸にしこりなどがあってもマンモグラフィーにうつりにくいからです。マンモグラフィーは痛みがあると言うのは有名な話ですが、エコーは痛くないそうなので気楽な気持ちで申し込みしました。

疲れていたらかわいくないぞより引用

 

30代の女性の乳がん検診は超音波検査が適しているそうです。それと併用し自身でのセルフチェックが対大切のようです。

セルフチェックを行う時は、生理前や生理中は胸が張っていることがあるため、生理が終わってから行うと良いみたいですね。

 

乳がん、、他人事ではなく自分事。

多くの方が検診を受けられること、早期発見でき、早期治療が出来ることを信じています。

「空」の画像検索結果

https://www.pakutaso.com/20140732192post-4342.html

 

 

 

 

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード