乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

便秘症の方におすすめ

マッサージで「便秘」解消

 

東洋医学の考え方で「気・血・水」があります。「気」は生体内を流れるエネルギー、「血」は血液、「水」は水分を意味します。
この3つの要素のバランスが崩れると身体にトラブルを生じやすくなります。主に便秘や下痢、排尿困難といった症状です。
これは腹部やへそが冷えることで腸の機能が低下してしまい、特に起こりやすくなります。
これを防ぐにはへそまわりをこする「へそマッサージ」がとても効果的です。
冷えがちなへそを温めることによって腹部を温め、腸の機能を正常に回復することができるのです。
便秘や下痢などには特に効果的ですので是非お試しください。

 

■ へそマッサージのやり方

① ウェストの一番くびれたところから、へその少し下までのラインを、手のひらでこする。そろえた3本の指をすべらせるようなイメージで行う。心地よいと感じる強さで、1こすりを1秒以上かけて、1分間ゆっくりとこする。
② 同様に反対側も1分間こする。便秘の人は少し強めに行う。
③ 両手を重ねて、へそのすぐ下から股間にかけてのラインをこする。1分間行う。

 

* 1日2回、起床時と就寝時に行う。

 

Point!

●身体を冷やさないように、布団の中でパジャマのお腹の部分だけまくって行うとよい。
●強く押したり、こすったりせずに気持ちがいいと思う強さでゆったりとした気持ちで行うのがよい。

韓国では大分前から手軽で、効果アリと、テレビなどのメディアで広く普及しています。

これなら続けられそうですね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード