乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳がんと高濃度ビタミンC

高濃度ビタミンCが与える効果とは…

高濃度ビタミンC点滴

・大量のビタミンC製剤を体内へ入れることで、癌の標準治療の効果を高めたり、抗がん剤の副作用などを軽減させる代替治療です

・癌細胞に取り込まれたビタミンCは酸化し、細胞内で活性酸素の一種である過酸化水素を発生させ攻撃するといわれています

・点滴1回につき1万~3万円程度で、週に2回から3回程度の点滴を、3ヶ月ほど続ける必要があります

「やさしい乳癌治療ガイド」より引用

   点滴をするだけなので、辛い治療ではありません。

どんな治療?

高濃度ビタミンC点滴療法は、その名の通り大量のビタミンC製剤を体内へ入れることで、癌の標準治療の効果を高めたり、抗がん剤の副作用などを軽減させる効果が期待できる治療法。基本的に、単独で行うのではなく他の治療法と併用して行われる場合がほとんどのようです。

週に2~3回の頻度で通院し、点滴でビタミンCを投与します。1回目は15~25g程度ですが、徐々に量を増やしていき、最終的には血中のビタミンC濃度が350〜400㎎/dllになるまで行います。点滴は1回1~2時間程度で終わるそうです。

悪性腫瘍のほか、パーキンソン病、うつ病などの精神疾患、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を改善する方法としても利用されます。

「やさしい乳癌治療ガイド」より引用

   抗がん剤の副作用軽減などにも期待されています。

なぜ高濃度ビタミンC点滴が乳癌に効くのか?

血液中に350~400㎎/dllという高濃度のビタミンCがあると、血管の外の細胞にまでビタミンCが染み出していきます。染み出したビタミンCを、癌細胞は積極的に細胞内に取り込もうとするそう。すると、ビタミンCが酸化し、癌細胞の内部で活性酸素の一種である過酸化水素が発生するそうです。

普通の細胞はカタラーゼという酵素で守られているので、過酸化水素による影響は受けません。しかし、癌細胞の中で発生した過酸化水素は細胞を攻撃して破壊、癌細胞だけを死滅させる効果が期待できるわけです。

高濃度ビタミンC点滴が効果を上げるポイントは、血液中に大量のビタミンCを投与して、この350~400㎎/dllという高濃度をキープし続けること。そうしなければ、血管の外へ染み出すこともなく、余計な老廃物と一緒に単なる尿として体外へ排出されるだけです。

ただし、明確な効果について立証されている方法ではありませんので、必ず担当医に相談してから取り入れるようにしてください。

「やさしい乳癌治療ガイド」より引用

   高濃度ビタミンC点滴で、癌細胞をだけを死滅させる効果があるのは知っておきたいですね。

   がんと診断されたときの、選択肢の一つとして考える価値があります。

 

乳がん治療にもう一手!高濃度ビタミンC点滴療法とは

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード