乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳がん治療中は、妊娠できない!?

若い世代でも乳がんが見つかることが増えてきています。

乳がんの治療中に妊娠できるものなのでしょうか!?

早期乳がんにおける一般的な標準治療の流れ

乳がん治療の基本は手術です。手術は1週間前後の入院期間で終わり、乳がんの手術は術後の回復も早いため、それほどの時間を費やすことにはなりません。しかし、治療が手術だけで終わることはほぼなく、術後は再発や転移を防ぐことを目的とした治療を行うことが一般的です。

具体的には、乳がんのタイプより、ホルモン治療、放射線治療、抗がん剤治療、分子標的治療などを組み合わせ、その人に合う治療を行います。各治療には、この程度の治療期間を費やすことになります。

■ホルモン治療
5~10年、毎日薬を飲みます。注射を組み合わせることもあります。

■放射線治療
週5回通院し、1カ月半程度かかります。乳房温存術後は放射線治療が必須です。

■抗がん剤治療
3週間に1回の頻度で3~6カ月間、点滴を受ける方法が一般的です。進行している場合や、再発しやすいタイプの乳がんであれば必要になります。

■分子標的治療
3週間に1回の頻度で1年間、点滴を受けます。

「マイナビニュース」より引用

   治療期間が長期的になることが多いようです。

   体力的にも精神的にも大変です。

乳がん治療中でも妊娠できるのか…

薬剤の治療や放射線治療によって、胎児の奇形が増すなど、胎児に影響を与える可能性がありますので、治療中は妊娠できません。治療終了後は妊娠が可能ですが、終了から数カ月間は妊娠を避けたほうがよいでしょう。

また、乳がんの治療はとても時間がかかります。一般的に年齢とともに卵巣機能は低下していきますし、乳がんの患者さんは、治療の影響によって卵巣機能が失われる可能性もあります。

「マイナビニュース」より引用

   治療が終了しても、直ぐに妊娠を考えれるのではなく、一定の期間待つ必要があります。

   体内に蓄積している、放射線や薬物の影響を避けるためです。

治療後の妊娠を考え卵子凍結保存という選択は?

乳がんの手術後、術後の治療を始める前に卵子凍結保存を選択する方はいます。

卵子凍結保存は、「排卵を誘発し卵子を育てる→卵巣に針を刺して卵子を採取する(採卵)→凍結保存する」という流れで行います。ただし、一度の採卵で確実に卵子を採取できない可能性もあり、凍結保存までに数カ月かかることもあります。その間、乳がんの治療は先送りになってしまうことも理解しておかなければいけません。

既婚女性の方は、受精卵の方が未受精卵よりも妊娠率は高くなるので、受精させてから凍結保存する方がよいでしょう。受精させるためには、卵子と精子を1つのシャーレの中に入れて培養します。この方法で受精しにくい場合は、針を使って精子を卵子内に直接注入します。

乳がん治療が終了し、妊娠の許可が出たら、凍結保存した卵子(または受精卵)を用いて妊娠にトライします。また、実施する施設によって費用は異なりますが、検査、採卵、受精、卵子の保管料などで数十万円がかかります。

「マイナビニュース」より引用

   治療前に卵子の凍結を行うことは可能なようですが、費用も結構必要になるようです。

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード