乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

腸内フローラで乳がん予防☆

最近良く耳にする腸内フローラ☆みなさんは聞いたことはありますか?

腸内フローラ、乳がん予防になるかもしれないのです(^^)

腸内フローラってなに?

私たちの腸内にはたくさんの細菌が住んでいます。これを腸内細菌といい、その内訳は実に100種類以上、数にして約100兆個ともいわれています。

なかでも、回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、その多様な腸内細菌が種類ごとにまとまって、ビッシリ腸内の壁面に生息しています。

それが、まるで様々な植物が種ごとに群生している※お花畑のようであることから、腸管における腸内細菌の様相を「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼んでいます。※お花畑= flora[英]

http://www.koei-science.com/gut-flora.html

腸の細菌たちが彩る腸の中のお花畑!

このようなイメージでしょうか?☺

「腸内フローラ」の画像検索結果

Slimloveより引用

腸内細菌は主に3つのグループに分けられると言います。

まず一つ目は、ビフィズス菌や乳酸菌などの「善玉菌」。これらは食べ物からのエネルギー吸収を適切な量にコントロールしたり、排便にもつながる腸の“ぜん動運動”を促してくれて、主に身体にとって良い影響を与えてくれる細菌です。

そして二つ目は、大腸菌などの「悪玉菌」。食物などを腐敗させたり、時にはがんの原因にもなってしまう、主に身体にとって害を与えることが多い細菌です。

さらに3つ目がその時の環境によって善玉にも悪玉にもなる「日和見菌」と呼ばれるその他大勢の菌。

これら3つのグループを合わせて、1000種類以上の腸内細菌が腸の中に広がっている様子を表した言葉こそ、冒頭で述べたように「腸内フローラ」と言います。

健康な人の腸内フローラは善玉菌が悪玉菌より多く、「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」で存在しているのが理想的なようなのです

Fitness Junkieより引用

善玉2割、悪玉1割、そして善玉にも悪玉にもなる日和見菌が7割の割合がバランスの取れた腸内フローラのようです☆

何らかの原因で、腸内の悪玉菌が優勢になると、悪玉菌がつくりだす有害物質も増えます。

この有害物質は、便秘や下痢などお腹の調子を悪くするだけでなく、

腸から吸収されて全身をめぐり、

様々な生活習慣病や肌荒れ、肩こり、老化などにも関係するといわれています。

http://www.biofermin.co.jp/nyusankin/choflora/

生活習慣や体の調子、ストレスなど様々な要因で腸内フローラの環境は崩れるようです。

 

なぜ乳がん予防に良いのか?

米国内分泌学会は9月11日、腸内細菌が豊富な閉経女性はエストロゲンの代謝が亢進されて、乳癌リスクが低下するとの研究を紹介した。Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism誌に掲載。

 腸内微生物叢を構成する腸内細菌は、消化を助けるとともに、エストロゲンの代謝に影響している。これまでの研究で、体内を循環するエストロゲンとその代謝物の割合が、閉経後の乳癌発症リスクと関連していることが示されている。

 この研究は閉経女性60人(年齢55-69歳、6-8週間前に行ったマンモグラムは全員正常)を対象に便と尿を採取し、便中細菌と尿中エストロゲン代謝物の相関を検討した。その結果、腸内細菌叢が多様な女性ほどエストロゲン代謝物の濃度は高く、これらの女性の乳癌発症リスクは低いことが示唆された。

 研究者は「この結果は、腸内細菌叢の多様性と将来の乳癌発症リスクとの関係を示しており、理論的には食生活や薬などで変えることができる」と解析している。

【関連リンク】
Diverse Gut Bacteria Associated with Favorable Ratio of Estrogen Metabolites

参考 https://www.m3.com/open/clinical/news/article/256781/

Health For Familiyより引用

乳がんのがん細胞は女性のエストロゲンというホルモンを餌にして増殖するものが多いといいます。

腸内環境が良いとエストロゲンの代謝がよくなり体内のエストロゲン濃度は正常または安定、逆に腸内環境が悪いとエストロゲンの代謝が低下し体内のエストロゲン濃度が高まる、ということですね。

腸内フローラを良くするには☆

お腹の中の善玉菌を増やし、細菌のバランスを良好な状態にするためには、善玉菌が活性化し、悪玉菌が活性化しない環境に整える必要があります。

乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維は酸を作る善玉菌を増やし、腸内を悪玉菌が住みにくい酸性に傾けてくれる

そのためには、腸の働きを良くして便秘を改善し、腐敗物質の滞留を防ぐとともに、アルカリ性の環境を好む悪玉菌の住みにくい環境にする、つまり、腸内を酸性に傾けることが非常に有効なのです。

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は乳酸や酢酸など酸を作って、腸内を酸性に傾けるだけではなく、酸が腸に刺激を与え蠕動運動を活発にしてくれるのです。

http://www.nyusankin-kouka.com/zendamakin/flora.html

食生活の改善や生活習慣の見直し、またストレスを溜め込まないようにすることが大切ですね。

乳酸菌の酵素で免疫力をUP!?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード