乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック[乳がん治療]

乳がんになったら、今の病院だけじゃなくて、ここのクリニックにも行ってみよう。

このページで、すこしでもがん治療について知り、がん治療のクリニックについて知って頂けましたら、幸いです。

温熱療法と並行して様々な治療ができるクリニック

乳がんの術後、また手術が出来なかったとして、その後の治療の選択肢は、苦しい抗がん剤治療や、放射線治療だけではありません。

がん治療にも、身体に優しく効果が認められている治療がたくさんあります。

 

特に、温熱療法は医学的根拠(エビデンス)がいくつも認められている、身体に優しいがん治療です。

 

温熱療法単体でも腫瘍を小さくする効果がありますが、免疫療法と併せれば、効果はぐん、とアップしますし、また、通常量の10分の1ほどの少ない抗がん剤と併せると、がん細胞の血管に抗がん剤を集めることができるため、効果は高くなり、正常細胞からは早く排出させるため副作用は激減する、など、メリットがたくさんあるのです。

 

乳がんの術後に、温熱療法のみでフォローを続けている患者さんもおられます。

 

と、いうわけで今回は、温熱療法を中心に、様々な補完医療を取り入れているクリニックを紹介いたします。

心斎橋スリーアロークリニック

haipa

thumbnail

 大阪は心斎橋にある、「がん治療専門 心斎橋スリーアロークリニック」です。

こちらは、院長 田中陽一郎 先生のもと、看護師、技師、事務のスタッフは全て女性のみで対応しておられるようです。

女性の方は安心して受けられるというお声もあるようです。

こちらのクリニックの特徴は、何と言っても、全ての治療を受けられる、それも、「同時に受けることが可能」という点ではないでしょうか!

さらに、乳がんの場合は比較的表面にある癌になるため、熱で直接がん細胞をやっつけることができる局所温熱治療が効果を示す場合がありますがこのクリニックでは局所温熱治療も可能だそうです!

当院の治療の特長は、『相乗効果』を利用することにあります。
各治療方法をバラバラに行うと10+10+10=30の治療効果にとどまってしまいますが、それぞれの治療法を同時に併用していくことで10×10×10=1000という大きな治療効果を生み出すことが出来ます。http://www.three-arrow.com/

と、トップページにも書かれていますが、温熱療法と同時に、低用量抗がん剤や、免疫療法、高濃度ビタミンCいずれの治療を行っても相乗効果が得られるようです。

すべて自由診療なので、保険の枠を超えて、可能性のあるもの、本当に患者様が希望し、お互いに納得できる治療を目指すことが出来ます。

「完全オーダーメイドのがん治療」というのは、とても魅力的ですね。

内観も美しいですし、心斎橋商店街もすぐそばにあるようですから、通うのも楽しくなるかもしれませんよ。

こちらのクリニックで受けられる治療はこちら↓

免疫療法:NK細胞療法
免疫療法:樹状細胞ワクチン療法
免疫療法:CTL細胞療法
ハイパーサーミア(温熱療法)
高濃度ビタミンC療法
低用量抗がん剤   

心斎橋スリーアロークリニック紹介のページへ

 

 次のページへ続きます。

乳がんの標準治療に+αで行う治療

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード