乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

女性がかかりやすいガンは乳がん?

今、がんという病気はとても注目を浴びているように感じます。

そこで、女性がかかりやすい「がん」とういのは何なのか気になりました。

日本人女性でかかることが多いがん

2010年の統計によると、日本女性の罹患者数が多いがんは、1位が乳がん、2位が大腸がん、3位が胃がん、4位が肺がん、そして5位が子宮がんとなっています。

日本女性の罹患者数が多いがん順位

  1. 乳がん
  2. 大腸がん
  3. 胃がん
  4. 肺がん
  5. 子宮がん

1位の乳がんは、罹患者数が年々増えており、2014年にはおよそ86,000人が新たに罹患したと推測されています。

http://www.gan-info.com/kisotisiki/woman-rikansyasuu.html

女性特有のガンでは卵巣がんもあります。

日本人女性では乳がんになる方が1番多いというデータですね。

 

日本人女性の年齢別のがん患者の割合

赤が乳がんで、青が子宮がんです。どのがんも患者数のピークは70歳や80歳の高齢者ですが、乳がんと子宮がんは60歳前後となっています。子宮がんについては、60歳以降減少するがんと言えますが、元々子宮体がんは50歳以降にかかりやすいとされていたがんで、近年若年層の患者数が増えたために、こういったグラフになっています。

女性で最もなりやすいがんが乳がんです。30代以降患者数が増えて、70代や80代でもそれなりに罹りやすいがんとなっています。乳がんの次になりやすいがんが大腸がんで、次いで胃がん、子宮がん、肺がんとなっています。

はじめてがん保険より引用

乳がんで一番多い年代は50台後半~60台前半ですね。

しかし、乳がんは20台後半から上がってきています。これを見ると若い年代の方も乳がんになることが増えてきているのだと感じます。

乳がんの早期発見の大切さと生存率

図1)乳がんの10年生存率(1990年治療開始)
(日本乳癌学会「全国乳がん患者登録調査報告第29号」より)

 

Tis:乳管内にとどまるがん。非浸潤がん(超早期)

0期:しこりや画像診断での異常な影を認めないもの

1期:2cm以下のしこりで、リンパ節への転移がないと思われるもの

2期:2cmを超える5cm以下のしこりがある、もしくはリンパ節への転移が疑われるもの

3a期:しこりが5cmを超えるもの

3b期:しこりが皮膚などに及んでいるもの

4期:しこりの大きさを問わず、他の臓器に転移がみられるもの

http://www.j-posh.com/checkup/early_detection/

グラフのように、早期発見の場合10年生存率は高いとしめされています。

現代は働く女性が増えてきているなか、乳がん検診をうける時間の余裕がないという女性も多いと思います。早期発見することや生活習慣をととのえることが大切と考えます。

関連画像

https://de.123rf.com/photo_42034562_freie-gl-ckliche-frau-geniesst-freiheit-auf-der-sonnigen-wiese-natur.html

 

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード