乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳がんの原因として疑われる物質!!Part1

乳がんの原因として疑われる物質があるようです。

これまでに書いたことがあるものを含みますが、12個の物質を紹介していきます。

排気管の有毒物質

一般的で強力な乳房の発癌因子リストの最初に挙げられているのが車両排気成分である。リストには、女性だけでなく男性の乳癌にも関連する燃焼生成物であるPAHs(多環芳香族炭化水素類、polycyclic aromatic hydrocarbons)も含まれている。

「BC network」より引用

   車の排気ガスも原因にあげられるようです。

   電気自動車が普及し始めているのは良いことですね。

タバコの煙

車両排気成分のように、たばこの煙は多くのPAHsの源である。これらのPAHsにはEPA(環境保護庁、Environmental Protection Agency)によって変異原性遺伝子変異の原因となり得るという意味を持つだけでなく「人間の発癌因子となる可能性のある」物質とされるジベンゾ[a,h]アントラシン(dibenz[a,h]anthracene)が含まれている。この物質はジベンゾ[def,p]クリシン(dibenzo[def,p]chrysene)のような癌の原因となる多くの物質を含有している。

「BC network」より引用

   タバコは一つも良いことがありません。

   値段も引き上げられるようですし、これを気にやめることを考えてみてはいかがでしょうか。

工業用燃料発生源

車両排気成分と同じように精油所や石炭工場による大気汚染も乳癌や他の多くの病気に関連している。ニューヨーク州のエリー郡やナイアガラ郡における大気汚染の研究によって、PAHs値の高い地区の近隣に出生地がある更年期後の女性は乳癌になる危険性が高いことが発見された。研究者はこの傾向を評価するために1960年代まで遡って大気汚染のデータを調査した。その結果、幼い時期に高レベルのPAHsに接した場合に更年期後の乳癌のリスクが高まる可能性が示唆された。

「BC network」より引用

   石炭などの大気汚染も深刻な問題ですね。

   なかなか空気を選ぶといことは難しく、人類で取り組まなけれがならない問題ですね。

飲酒

アルコール摂取量を制限すれば乳癌のリスクを減らすことができるというのが定説だが、新たな研究によって飲酒と乳癌はより深い関係があることがわかった。ワインやエール・ビール等のアルコールに癌の原因となる自然物質—primarily urethanes—が発見された。322,647人の女性対象に六種の調査が行われ、その最新分析からアルコール摂取が10g増えると乳癌のリスクが9%高くなることがわかった。

「BC network」より引用

   少量の飲酒は健康に良いとされていますが、量が多すぎると逆効果のようです。

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード