乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

玄米の効果

玄米は健康にとても良いようです。ただ、選び方や調理方法によってはデメリットになることもあります。

がんが消える食事は?

癌が消える食事で、主食となる基本の食べ物は、玄米です。糠を取り除いてしまった白米と違って玄米は、体に必要なビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に備えている健康食品です。

この健康に良いビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に備えた玄米食は、よく噛んで食べることで体の細胞レベルまで強く元気にしてくれるのです。

玄米は、通常、固く炊き上がってしまうために、消化が悪く、食感がボソボソになってしまいます。

白米に比べて玄米はボソボソして、美味しくないと思われがちですが、無農薬の元気な発芽玄米を正しい玄米の炊き方で炊いた玄米食は、噛みしめるほど甘味があって本当に美味しいのです。 

「がんの食事療法と改善在宅療法」より引用

そもそも、白米よりも栄養価の高い玄米がまずいのは、玄米の質と炊き方にあるのです。 その解決法として、圧力鍋を使うともちもちの玄米が炊き上がります。 また、最近の健康志向で、簡単に美味しい玄米が自動で炊ける機能が付いた炊飯器が販売されています。 玄米食は、もちもちとした食感が特徴で、噛めば噛むほど美味しさが増していきます。 この「よく噛む」行為が、実は体にとても良いのです。

「よく噛む」ことによって分泌される唾液の消化酵素であるアミラーゼは、糖質を分解し、弱った体内に吸収しやすい状態にします。

また、唾液に含まれるリゾチウムは、外から浸入してくる細菌などを
防ぐ抗菌作用を持った素晴らしい酵素です。

リゾチウムは、唾液だけでなく、涙や汗、リンパ腺、肝臓、腸管など、体内に広く分布しています。

唾液は、色々な細菌感染から生体を守り、生命維持に欠かせないものです。
年を重ねることで分泌する唾液の量が少なくなる中、この「よく噛む」行為は、唾液の分泌を効果的に促す作用があります。

体に良い玄米を食べることで、癌が消えるポイントのひとつです。

「がんの食事療法と改善在宅療法」より引用

   玄米を美味しく食べるには、調理方法に注意点があるようです。

   栄養価が高く美味しけれいいですね。

無農薬栽培の玄米を選ぶこと

玄米を購入する際は、何よりも無農薬で作られた玄米を選ぶことが大事です! いくら玄米が体に良いとしても、残留農薬の問題は否めません。 玄米の米糠(こめぬか)には、重要なビタミン・ミネラルが豊富に含まれていますが、 残留農薬や、さらに恐ろしい放射性物質は、籾(もみ)や米糠(こめぬか)にたまりやすいのです。 栄養豊富な玄米食で癌を克服しようとしても、玄米に農薬や放射性物質が凝縮されていては、自ら毒を体に取り込むことになってしまいます。 農薬に関しては、どこまで安全なのかわかりません。そのため徹底した無農薬栽培。

つまり、自然栽培をしている信頼できる農家から安心な玄米を買い求めることが必要す。

「がんの食事療法と改善在宅療法」より引用

当然ですが、良心的な栽培をして定期的に検査を実施している農家や お米屋さんで購入するのが良いのです。 いまやネットなどで調べれば、理想の玄米を探すことは可能です。 とにかく、玄米を購入するには、無農薬で自然栽培の玄米を選ぶのは必須です。

  自然栽培のお米は、なにより生命を維持していく力や、子孫を残す力に長けているエネルギッシュな食べ物です。生命力の強い食物を食べることは、自然のエネルギーを体に取り込むことに繋がります。

そういった強い玄米は稲の病気にもかかりにくく、自然の恵みに育まれて、元気いっぱいに育ちます。

自然栽培のお米は、自然界に存在する水や酸素、土、太陽の光だけで育てられたお米なので、農薬や化学薬品が凝縮しているといった心配がありません。

「自然栽培」とは、化学肥料・農薬はもちろん、有機肥料・堆肥さえも施さず、自然のままの土壌と水だけで栽培を継続して行う栽培方法です。土と作物の本来持っている力を最大限に引き出して、栽培します。

このような玄米は、お米本来のうま味をもち、どんな副菜とも相性は抜群です。 お米1粒1粒に自然の恵みが凝縮された、お米の生命力を味わうことができます。

昔ながらの「自然栽培」で育てられた食物は、生産者のたゆまぬ努力とご苦労と深い愛情があってのものです。

「がんの食事療法と改善在宅療法」より引用

   白米より玄米は農薬を使用していると、残留する濃度が高いといわれています。

   身体に有害なものは排除して摂取したいものです。

発芽玄米の栄養の力

 発芽玄米は、細胞を活性化させてくれます。 

食事で食べる野菜などの栄養の吸収率を1,5倍以上に引き上げてくれます。 またビタミンB群を豊富に含む玄米や脹芽米などの穀物、豆腐や納豆などの大豆製品を積極的に摂ることが大切です。 まずは食事です!

玄米、菜食、野菜ジュース、スープ、海藻、キノコなどを使った食事は効果があり、癌が消える食事となります。 基本として玄米菜食。朝食の中心は全粒粉のパンか玄米ご飯。たまに、青魚や鮭を摂っており、ヨーグルトも常食しています。 主食は玄米という生活です。 少なくても1日1食は玄米食で匹芽米、豆類、イモ類も1日1回は摂るということが欠かせません。 精米の過程で白米が捨て去った匪芽やぬか層(果皮、種皮)の部分にこそ、 穀物の保有する生命の栄養素が詰まっているからです。 そういった栄養のあるぬかを再利用してぬか漬けとして、野菜を漬け込み保存する和食は癌が消える食事として、もともと優れているのです。 ビタミンB群やE、ミネラル、食物繊維、酵素などの栄養成分がそれです。 とくにビタミン払は糖質の代謝に欠かせないビタミンで、クエン酸回路をスムーズに働かせるためにはとても重要です。 玄米には白米の約5倍ものビタミン乱が含まれているのです。 ぬか層と呼ばれる果皮、種皮の部分も、匪芽や匹乳(白米の部分)を包み込んで守るため、リグナンやフィチンといった強力な抗酸化物質が含まれています。 ビタミンB群を豊富に含む玄米や脹芽米などの穀物、豆腐や納豆などの大豆製品を積極的に摂ることが大切です。

「がんの食事療法と改善在宅療法」より引用

   ビタミン・ミネラル・食物繊維が摂取できるというのは良いことです。

   また、大豆製品を積極的に摂取することも大切です。

 

 

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード