乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳がんの補完代替医療について。

がん治療で補完代替医療という分野があります。

どのような医療なのでしょうか?

 

補完代替医療とは

補完代替医療は、英語でComplementary and Alternative Medicine(コンプリメンタリー・オルタナティブ・メディシン)といい、頭文字をとってCAM(カム)と呼ばれています。

* 補完医療とは、現在私たちが受けている西洋医学を補う、補完する医療です。
* 代替医療とは、現代西洋医学に取って代わる、ことばどおり代替する医療です。

この二つの医療は、別々に異なるものもありますが、多くは分けることが困難な場合が多く、両者をまとめて補完代替医療といいます。

米国の国立補完代替医療センターは、この医療を“現段階では通常医療と見なされていない、さまざまな医学・健康管理システム、施術、生成物質など”と定義しています。
すなわち、補完代替医療は、いわゆる民間療法と呼ばれているものであり、自己判断・自己責任で行う医療です。
当然、健康保険はききませんので、費用はすべて自己負担となります。

http://www.shikoku-cc.go.jp/hospital/guide/useful/newest/cam/camwhat/index.html

定義としては補完医療と代替医療を合わせて補完代替医療というようですね。

統合医療

「統合医療」とは、近代西洋医学を中心として伝統医学や相補・代替医療を適宜合わせて行う医療のことをいいます。
 明治維新まで日本の医療は、和漢薬や鍼灸が中心でした。しかし明治政府は、これらを医療の本流から外し、近代西洋医学をわが国の医療とし、その後、健康保険制度の成立とともに、近代西洋医学のみの医療体系が出来上がりました。
 近代西洋医学の恩恵は図り知れません。感染症や急性で重篤な疾患に対して素晴らしい効果を示し、これまで助からなかった生命を救い、寿命の延長に大きく貢献しました。再生医学やゲノム解析を用いた診断技術は今後も期待される分野です。
 一方、癌、心臓・脳血管疾患、糖尿病、高血圧症などの生活習慣病や慢性疾患、また現代病といわれる、アトピー性皮膚炎、機能性胃腸症、花粉症、うつなどの増加のもとで、近代西洋医学の効果に限界を感じ始めた患者や医療従事者も少なくありません。
 人間には、本来「自然治癒力」とよばれる自分で自分を癒す力があります。その力を引き出す医療として、伝統医学や相補・代替医療が、いま、見直されてきているのです。
 そこで、近代西洋医学の利点と伝統医学や相補・代替医療の利点をあわせた医療を行うのが「統合医療」です。「統合医療」は21世紀の医療として、国内のみならず世界中で注目されています。

http://imj.or.jp/general

 

西洋医学も大事。補完代替医療も大事。

西洋医学、補完代替医療を合わせて行うことを「統合医療」なんですね。

そこで、補完代替医療とはどのようなことをするのでしょうか

補完代替医療の種類

心身医学(医療)

心身医学(医療)は、心は身体に影響を与えうるという考えに基づいています。次のような例があります。

瞑想
集中した呼吸あるいは心を鎮静させる言葉やフレーズの繰り返し
バイオフィードバック
単純な機械を使って、患者は(心拍数のように)通常は意識しないような特定の身体機能に影響を
与える方法を学ぶ
催眠
リラックスして、ある種の感情、考え、または治癒を助ける暗示に注意を向けた状態
ヨガ
呼吸に特別な注意を払ったストレッチやポーズの手順
イメージ法
情景や光景、または経験したことをイメージして、身体の快復を助けること
創造的表現
芸術、音楽、ダンスのようなこと

 

手技療法と身体技法

これらは身体の一部または複数の部位に働きかける療法です。以下のような例があります。

マッサージ
手や特別な器具を使い身体に施す手技

 

カイロプラクティック
関節や骨格系に施す手技の種類のひとつ

 

リフレクソロジー
手や足のつぼを利用して身体の他の部分に影響を与えること

 

エネルギー医学

エネルギー療法は、身体には治癒および健康維持に働くエネルギー場がある、という考えに基づいています。エネルギー医学のセラピストは、このエネルギー場に手を置いたり、エネルギー場を通して圧力をかけたり身体を動かしたりします。以下のような例があります。

太極拳
呼吸に注意しながら集中してゆっくりと穏やかな動きをすること

 

レイキ
離れた場所から、あるいは患者に触ったり患者の近くに手を置くことで、エネルギーのバランスをとる

 

セラピューティック・タッチ
身体のエネルギー場にわたって手を動かす

 

全人医療システム

これらは世界のさまざまな文化や地域で時間をかけて進化してきた癒しの体系および考え方です。以下のような例があります。

アーユルヴェーダ医学
身体、心、および精神(霊)の間のバランスを重視したインドの体系

 

中国医学
健康は陰、陽と呼ばれる2つの力のバランスである、という考えに基づく。鍼は中国医学の一般的な施術で、身体の特定部位を刺激して健康を促進したり、病気の症状や治療の副作用を軽減する。
ホメオパシー
非常に少量の物質を使って、体が持つ本来の治癒力を引き出す
自然療法医学
身体の自然な治癒力を助けるさまざまな手法を使う

http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c01/02.html

 

この他にも漢方やサプリメントなどといったものも補完代替医療の中に入るようです。

乳がんの患者さん対して海外では有用性の試験なども行われているそう

癌患者における補完・代替療法(complementary and alternative medicine;CAM)の普及率は海外では48~87%,国内では44.6%と広く使用されている1)2)。CAMの利用傾向や目的は民族背景で異なる。白人女性は食事療法や精神療法,アフリカ系女性は瞑想などを好み,中国系女性は漢方を好む傾向をもつ1。わが国のCAM利用者の9割近くはアガリクスや漢方,サメの軟骨などの製品を使用する傾向があり,2000年の国内全体の漢方薬市場は実に2,000億円を超えている23。利用目的に関しては,欧米では癌の進行に伴う痛みなどの症状緩和や心理的不安の軽減,通常の癌治療に伴う有害事象の症状緩和などを主な目的としている一方で,わが国では癌に対する直接的な治療効果(癌の進行抑制や延命効果)を目的にCAMを使用している人が多い。国内CAM利用者の半数以上は十分な情報収集や専門医師への相談を行わずに,広告やインターネットなどの情報,友人や家族からの勧めをもとに利用している状況である2)。専門医師はそのような状況を放置してはならず,CAMに関する科学的な知識をもつ必要がある。

解 説

 CAMは大まかに次の5つに分類される4)。①代替医療システム(伝統医学系統,民間療法,東洋医学など),②エネルギー療法(気功,レイキなど),③肉体的療法(カイロプラクティック,マッサージ療法など),④精神・心体介入(精神療法,催眠,瞑想など),⑤薬物学・生物学に基づく療法(漢方,サメ軟骨などの民間療法,食事療法,および免疫療法も含まれる)。

 2004年に設立された米国の統合腫瘍学会(Society for Integrative Oncology;SIO)では,1990~2013年に報告された乳癌とCAMに関する4900論文から203編のランダム化比較試験をレビューし,2014年にガイドライン5)を発表した。この中でグレード分類が示され,各グレードはGrade A:確実な有益性が認められる,Grade B:一定の有益性が認められる,Grade C:無益ではない,Grade D:有益性は認められない,Grade H:有害であると定義された。

 瞑想,ヨガ,リラクセーションは,不安や気分障害を有する乳癌患者に対し確実な有益性が認められ(Grade A),ストレスやうつ,疲労の軽減やQOLの改善には,一定の有益性が認められる(Grade B)と格付けされた。ストレス管理,マッサージ,音楽療法,エネルギー療法などもGrade Bとされた。針治療は化学療法中の嘔気(CINV)に対してはGrade Bとされたが,疲労,不安やうつに関しては気功,リフレクソロジーなどとともにGrade Cと分類された。ホットフラッシュに対する大豆,放射性皮膚障害に対するアロエやヒアルロン酸クリーム,CINVに対するグルタミン,疲労に対するガラナなどには有益性は認められなかった(Grade D)。唯一acetyl—L—carnitineのみがタキサンに対する末梢神経障害に対して有害である(Grade H)とされた。その他138種のCAMに関しては十分なエビデンスは得られなかった。

http://jbcs.gr.jp/guidline/guideline/g1/g10510/

 

治療の中でも心も体もリラックスして過ごせる日々が多いほうが良いですよね。

沢山の種類がある補完代替医療。

始める時は悩むことがあると思います。まずはお医者さんや看護師の方に相談すると良いかもしれませんね。

 

「QOL」の画像検索結果

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjfpa296PvVAhWIf7wKHYKiBlIQjRwIBw&url=http%3A%2F%2Fhealthpress.jp%2F2015%2F07%2Fqol-1.html&psig=AFQjCNHWCSp-lnspfktAR8tSCwyHhCgh7g&ust=1504074549861047

 

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード