乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳がんは遺伝するのだろうか??

家族や親戚の中でがんになった人がいるとよく遺伝すると聞きませんか??

では乳がんも遺伝するのでしょうか??

遺伝との関係

乳がん患者の約8割は家族歴に関係なく発症しています。しかし血縁者に乳がん、卵巣がんの患者が複数いる場合、乳がんになりやすい体質を受け継いでいることがあります。これを「家族性」乳がんと呼びます。また、遺伝子の変異が判明している乳がんを、「遺伝性」乳がんといいます。

http://style.nikkei.com/article/DGXNASFK03015_T00C13A6000000?channel=DF260120166503&style=1

大半は遺伝に関係なくがんを発症するのですね。けれど家族に複数癌になった人がいると、がんになりやすいようです。

この遺伝性の乳がんに関わっていると考えられる遺伝子も特定されているようで、
例えば「BRCA1」「BRCA2」という遺伝子が
「原因遺伝子」として挙げられています。アメリカでの調査結果によると、遺伝性の乳がんと考えられる患者の遺伝子を調べたところ、
BRCA1陽性の人が52%、BRCA2が陽性の人は32%だったということです。

http://nyugan.e-rev.net/category1/entry8.html

乳がんの遺伝子も特定されてきているようですね!

遺伝性乳がんの特徴は?

  • 40歳以下の若年発症性乳がんの場合
  • トリプルネガティブ性乳がん(エストロゲン受容体・プロゲステロン受容体・HER2の3つが腫瘍細胞に現れていない乳がんのことで、抗がん剤・ホルモン療法・分子標的薬の治療が難しい)
  • 両方の乳房にがんがある、または片側の乳房に複数の原発乳がんがある
  • 50歳以下で乳がんにかかった近親者(1~3等身まで)がいる
  • 上皮性卵巣がんにかかった近親者がいる
  • 乳がん、または膵癌(すいがん)にかかった近親者が2人以上いる
  • 乳がんと、以下の悪性疾患を併発する家族がいる(膵がん、前立腺がん、肉腫、副腎皮質がん、脳腫瘍、子宮内膜がん、白血病・リンパ腫、甲状腺がん、皮膚症状、大頭症、消化管の過誤腫、びまん性胃がん、卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がん、男性乳がん)

http://www.skincare-univ.com/article/012966/

これらが遺伝性乳がんの特徴になっているようです。特徴ではありますが絶対的な基準ではないと言われています。

遺伝子検査

家系にがんになった方が複数人いると不安が募りますよね。

将来自分は乳がんになるのか、、、知っておきたい!という思いが強いとき。

遺伝子検査というのがあるのです。

 

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群のがんの発症に関与しているBRCA1遺伝子やBRCA2遺伝子に病的変異があるかどうかを調べる遺伝子検査があります。 この検査は、BRCA1/2遺伝子検査と呼ばれます。

BRCA1/2遺伝子は、乳がんや卵巣がんが多く見られる家系について調べた研究によって、乳がんや卵巣がんの発症と関連している2種類の遺伝子が同定され、それぞれ、BRCA1遺伝子(BRCA1)、BRCA2遺伝子(BRCA2)と名付けられました。これらの遺伝子のどちらかに、生まれつき病的変異があると、乳がんや卵巣がんを発症するリスクが高くなることが認められており、「遺伝性乳がん・卵巣がん症候群」と診断されます。また、病的変異のある遺伝子は、親から子へ1/2(50%)の確率で受け継がれます。よって、家族(血縁者)の中に乳がんや卵巣がんを発症した方が複数見られることがあります。

病的変異とは、遺伝子を構成している塩基配列の変化をいいます。遺伝子が変化しても、その働きには影響しないと考えられるものもある一方で、遺伝子の働きが失われたり、悪い影響を与えるような変異もあります。後者のような変異は病気の原因となることが多く、病的変異と呼ばれています。

ただし、乳がんや卵巣がんが多く見られる家系であっても、乳がんや卵巣がんを発症した方に必ずBRCA1/2遺伝子の変異が見つかるわけではありません。最近報告された日本人(遺伝性乳がん・卵巣がんを疑われた方)を対象にした研究結果によると、BRCA1/2遺伝子の変異が検出されたのは約27%(36/135症例)で、他の国々での報告と同程度以上でした。

http://bcnetwork.org/pg472.html

難しい言葉がありますが、原因遺伝子があるかどうか調べる検査ですね。

家系の中でがんになった方がたくさんいても、必ず原因遺伝子が見つかるとは限らないようです。

またこの検査は、保険が効かないようなので経済面でもよく検討して検査を受ける必要がありますね。

 

乳がんの家族遺伝は5~10% 家族にがんになったひとがいても必ず自分が将来がんになるとは限らない、、、日頃の生活習慣が関係しているのかもしれませんね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード