乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

コスメや日用品の経皮毒性について…

日用品や女性ならコスメは、毎日使うものです。

毎日使うものだからこそ、安心・安全なものを使いたいですね。

経皮毒性とは…

経皮毒性とは:皮膚を通して有害物質が体内に吸収されること

アスベストのように吸入することによって肺から直接血管に入るものと、界面活性剤のように皮膚から浸透して毛細血管に移行し、体内へ運ばれるものがあります。

「のんびりヨガ×ハンブルグ」より引用

   知らないうちに有害物質を体内に取り込んでしまっている現状があるようです。

なぜ経皮毒性が問題なのか…

① 吸収をしても、痛みや刺激がないので気づかない

② 経口吸収(口から食べたとき)は、消化管によって解毒されてから血管に移行する物質も、経皮吸収だと血管に直接入り、全身に作用する。

③ 日用品は毎日使用するので、1回量は微量でも少しずつ体に蓄積され、自然に代謝されにくい

④ 添加物の中には、発がん性や環境ホルモンと疑われているものが多くあるが、国によって規制や基準がさまざま

⑤ 添加物の蓄積量や排泄量などは個人差が多く、影響もさまざまで実態がつかみにくい

「のんびりヨガ×ハンブルグ」より引用

   異臭や痛み、刺激などがあれば気づくキッカケになるかもしれませんが、何も感覚としてなければ

   気づくのは難しいですね。

昨年ドイツで話題になった制汗剤の「アルミニウム塩類」

乳がんリスクを増大させる可能性が指摘されています。(医学誌 Journal of Applied Toxicologyより)

アルミニウム塩類は皮膚を通して体内に入り込み、エストロゲンに似た作用を示すことがわかっています。

脇を剃った跡や乳房付近に暴露されるため、吸収率が上がること。単独での影響と喫煙等の他の影響と合わさると危険性が高まることを懸念されていました。

ドイツのデオドラントにこのようにアルミニウムフリーが、表示されています。

「のんびりヨガ×ハンブルグ」より引用

   制汗剤は脇に使用することが多く、乳がんのリスクが指摘されています。

            f:id:yogaflower:20150114215655j:plain

国によってさまざまな添加物規制

ドイツの添加物(すべてはE-nummerとして表示される)は316(zusatzstoffe-online.deより)これには自然香料や抽出液も含まれていますが、加工補助に使われる添加物は含まれていません。

一方日本の食品添加物は約700(指定添加物が400種類、既存添加物が300種類、厚生労働省HPより)

アメリカはこれに近い項目を数えると約800(指定添加物600、加工補助に使われる既存添加物相当分200)明記する対象となる項目数が多いため、報道などでは多く表示されているようです。

規制や枠組みが違うために、一概に比較するのは難しいのが現状です。

「のんびりヨガ×ハンブルグ」より引用

   各国規制が様々です。危険なものは規制するか、もう少しわかりやすように情報発信して欲しい

   ものですね。

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード