乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳がんの検診について

何の病気でも早期発見が大事と言われていますが、乳がんを早期発見するためには

どんな検診が必要なのでしょう。

乳がん検診の種類

■問診・視触診

しこりがあるかどうかを確認します。職域検診など多くの検診で実施されていますが、早期発見するのは難しく、ある程度の大きさがないと判別することができません。

■マンモグラフィ検診

広範囲に読影可能で、微細な石灰化の段階の腫瘍を発見することができます。
若い女性には向きません。(若い患者は乳腺が多く、乳腺とがんの区別がしにくい。)
痛みがあること、被曝(実際は被曝量は少ない)の問題もあります。→ 詳しくはこちら

■超音波検診(エコー)

手で触れただけでは判別しづらいしこりを発見することができます。痛みがありませんが、診断医師の技術が必要で、微細石灰化は発見しにくいのが欠点です。比較的若い女性向きの検診です。

「乳がん検診info」より引用

   いちばん大切なのはセルフチェックを毎日行い、少しでも変化を感じたら検診に

   行ってみるといいですね。

どの乳がん検診を受けたら良いよか‥

いくら乳がん検診が重要だといっても、全ての年齢の女性が全ての検査を受ける必要はありません。例えば、マンモグラフィ検診は、乳腺の発達している若い女性の場合、乳腺が白く映るため石灰化と判別がしにくくなります。よって、20代の女性が毎年受診する検査ではありません。(近親者に乳がん経験者がいる場合などは除く)年齢に合った検査方法を選択する必要があります。

マンモグラフィ検診の利点・欠点

利点
  • 手で触れることのできないしこりを発見できる
  • 石灰化だけの段階でみつかれば100%に近い治癒が期待できる
  • 以前に撮ったレントゲン写真との比較が容易にできる
欠点
  • 被曝の心配がある
    ※飛行機で日本からアメリカ間を移動した程度です
  • 妊娠中・授乳中の女性は受診できない
  • 若い女性はがん(しこりや石灰化)と乳腺の区別がつきにくい

超音波検診(エコー)の利点・欠点

利点
  • 被曝の心配がない
  • 乳腺の発達している若い女性でもしこりを発見できる
  • リアルタイムで検査結果を見ることができる
欠点
  • 石灰化が見つけにくい
  • 操作中に判断するため、検査を行う医師あるいは技師の検査能力に依存する
  • 全体像を記録として残すことが難しい

「乳がん検診info」より引用

   検診の項目でも得意分野、不得意分野があります。

   検診をしていれば絶対に大丈夫とも言い切れないようです。

乳房は個人によって差があるので、これからは長期的な計画をもって検診を受けましょう。

50歳以上 マンモグラフィ(1年~2年に1回)のみ 第1度近親者(親子、姉妹)に乳がんの方がいる場合など

超音波検診(毎年)

マンモグラフィ(毎年)

40歳代 マンモグラフィ(1年~2年に1回)のみ
または
マンモグラフィ(1年~2年に1回)+ 超音波検診(毎年)
30歳代 ご自分の判断で受けて下さい
20歳代 必要ありません

「乳がん検診info」より引用

   マンモグラフィだけでなく、超音波も合わせることで、より早期発見ができ、見落とされる

   リスクも減らせそうですね。

乳がん検診ってどんなことをするの?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード