乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳がんを克服するための新常識!!

乳がんの対処法

乳がんは、独身女性や出産経験のない人、高齢で初産を経験した人、55歳以上で閉経した人、肥満、高コレステロールの人などに多くみられます。

乳がんは、ほかの部位のガンに比べて発見しやすいだけでなく、進行がゆっくりです。早期に発見して治療すれば転移や再発を防ぐことができます。

乳がんの原因の多くは、欧米化した食生活の影響や、過剰なストレスなどです。乳がんの発症には、女性ホルモンの卵胞ホルモンのエストロゲンが深くかかわっています。

 なんらかの原因で女性ホルモンのバランスが崩れると、エストロゲンが過剰にになり、乳腺を刺激して細胞の受容体と結合すると、細胞がガン化しやすくなります。

 古くから日本人が馴染んできた大豆や大豆食品(みそ・納豆・湯葉・豆乳など)が乳がんの予防に役立つ食べ物として、注目されています。

 大豆には、エストロゲンとよく似た構造のイソフラボンという色素成分が豊富に含まれています。大豆を摂ると、イソフラボンが細胞の受容体と結合して、エストロゲンとの結合を防ぐことで、乳がんのの発生を抑えると考えられています。

「がんを克服するための新常識」より引用

   乳がんは、他のがんに比べて、セルフチェックができ発見しやすいがんと言われています。

   ホルモンバランスが大きく関わっているようです。

乳がんになりやすい人

1.独身の女性。
2.出産経験のない人。
3.高齢で初産をした人。
4.初潮が11歳以下の人。
5.閉経が55歳以上の人。
6.太っている人。
7.高コレステロールの人。
8.ストレスがたまっている人。

「がんを克服するための新常識」より引用

   上記は乳がんのリスクファクターになります。

乳がんの兆候

1.乳房の中に硬くて小さなしこりを感じる。
2.乳房の皮膚がへこんだり、むくみや赤みがあったりする。
3.乳頭が陥没したり、ただれてきたりする。
4.乳頭から血のような分泌物が出る。
5.脇の下に腫れやしこりがある。
6.あごの片側だけにしびれが起こる。

「がんを克服するための新常識」より引用

   少しでも異変を感じたら、早めに専門機関の受診が必要ですね。

乳がんの予防・改善法

1.女性ホルモンのバランスを整える大豆食品を摂る
  (北 廣美「乳ガン 腸の力で再発・転移をゼッタイ止める!icon」著者)
2.有機ゲルマニウムで乳ガンが消えた
  (福島裕子 西川口クリニック院長
3.ハナビラタケで乳ガンが縮小
  (倉持恒雄 福岡せんしんクリニック 医学博士
4.バイオシートで乳ガンが肝臓と肺に転移、消えたガン
  (鹿島田忠史  誠快医院院長
5.湯たんぽでリンパ球が3倍以上増加
  (斑目健夫  東京女子医科大学付属青山自然医療研究所クリニック講師
がんにならないがんに負けないための本icon
 「免疫力を高める(がんに負けない血液をつくる;がんも治す!」湯たんぽ療法
6.ショウガ湿布で体温アップ
  (石原結實イシハラクリニック院長
 「ガンが逃げ出す生き方」 安保徹、石原結實共著
7.金時ショウガを摂って内部から体温アップ
  (石原結實イシハラクリニック院長
 「ガンが逃げ出す生き方」 安保徹、石原結實共著
8.新型ワクチンで乳がん術後転移したガンが消えた!
  (阿部博幸 癌治療 九段クリニック理事長
9.ホルミシス効果で乳がんの副作用軽減、体温アップ!
  (清水教永 大阪府立大学 教授・医学博士)

 

「がんを克服するための新常識」より引用

   多くの乳がん予防・改善法の著書があるようです。

   参考になりそうですね。

 

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード