乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳がん予防にキャベツ☆

「がん」

現代ではよく聞く言葉になりました。

生活の中でがん予防を取り入れている方も徐々に増えてきているかと思います。

しかし、日々の生活が多忙でそれどころじゃない方も多いと思います。私もその1人です。

そんな方でも身近なもので取り入れれる食べ物、「キャベツ」

キャベツにはどのような作用があるのでしょうか。

キャベツの栄養

キャベツはアブラナ科の野菜です。栄養成分は、ビタミンC、カルシウム、ビタミンK、ビタミンU、食物繊維、β-カロテン、カリウム、葉酸などが含まれています。ビタミンUは、キャベジンと言う成分で胃薬にも使われています。

http://hanayuki.biz/2016/01/22/post-1162/

 

ビタミンUはキャベジンと言う成分で、抗潰瘍の作用があるそうです。商品名にもなっていますね。http://hanayuki.biz/2015/10/22/post-203/

「キャベジン」はよくお薬のコマーシャルなどで聞く名前ですね。

「キャベツ」の画像検索結果

https://welq.jp/10441

キャベツの抗がん作用

ガン予防になる成分は、辛み成分である、イオウ化合物のひとつ、イソチオシアネート(イソチオシアン酸塩成分)が含まれています。このイソチオシアネートには、ガン細胞の増殖を抑える効果と発ガン物質の活性化を抑制する効果などがあると言われています。他にもペルオキシダーゼ (発がん物質を抑制)という酵素や抗酸化作用の強いビタミンC、抗腫瘍作用のあるビタミンUが含まれています。

http://hanayuki.biz/2016/01/22/post-1162/

 

キャベツに含まれるイソチオシアネートという成分が体内の異常化が進行している細胞を見つけて進行を抑える働きがあるということでがん予防の分野において注目されています。https://locari.jp/posts/29428

キャベツにはがん細胞が増えるのを抑えたり、発がん物質を抑えるはたらきがあると言われているのですね!知りませんでした、、、

「キャベツ 抗がん作用」の画像検索結果

https://cafy.jp/21408

食べかた

イソチオシアネートは、熱に弱いのでなるべく多く摂取するには、生で食べるのがおすすめです。イソチオシアネートは、細かく砕くことにより野菜の細胞が壊れて吸収しやすくなるので、キャベツの細胞が壊れやすい千切りキャベツで食べたり、ジュースで飲むのがおすすめです。

1日100グラム程度のキャベツを食べたいですね。100グラムは大き目のキャベツの葉3枚程度です。

毎日キャベツの千切りを食べるのが大変でしたら、ニンジン・リンゴジュースにキャベツも入れて飲むのもおすすめです。

http://hanayuki.biz/2016/01/22/post-1162/

 

そしてキャベツには抗がん作用及びアンチエイジングに効果を発揮するポリフェノール、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。熱を加えると成分が失われますので、サラダなどで生の状態で食べるのが良いです。

https://locari.jp/posts/29428

 

加熱調理は栄養成分が失われやすいようですね。

 

最近は野菜の値段が高騰していてなかなか、野菜を取ることが難しくなってきていますが

身体の健康のために少しずつでも取り入れていきたいですね。

「キャベツ 生」の画像検索結果

キャベツダイエットの取り組み方

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード