乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

マンモグラフィの限界

乳がん検診でよく耳にする「マンモグラフィ」。ただこの検査だけでは乳がんが見落とされる

可能性があります。

マンモグラフィで見えないがん

神奈川県に住む風間沙織さん(52)は、3年前、乳がんと診断された。「毎年、マンモをとっていて、異常なし、異常なしと毎年きていたので、なんの疑いもなかった」と話す風間さん。マンモグラフィは、X線で乳房を撮影し、がんを早期発見するために国が推奨している検診だ。沙織さんも10年以上前から受診し、「判定A=異常なし」が続いていた。

 風間さんは、マンモグラフィで異常がないので大丈夫だと思っていたが、触ってみた際、左胸のしこりに気づいたという。診断の結果はがん。マンモグラフィで異常なしと診断されてから、わずか5か月後のことだった。

 風間さん「どんな小さなものでも、がんはがんとして写るんだろうと思っていました」

 なぜマンモグラフィで「がん」を見つけることができなかったのだろうか。

「Yahoo!ニュース」より引用

        乳がんの検診の一つマンモグラフィはそれだけでは万能とは言えないようです。

日本人の多くは“見えにくい”高濃度乳房

女性の乳房は、母乳などを分泌する乳腺と脂肪で形成されている。乳腺が多く密度が高いタイプは「高濃度乳房」といわれ、日本人女性の6~7割がこのタイプにあてはまるといわれている。

 成人女性2人のマンモグラフィの画像を例にあげてみる。高濃度乳房では乳腺は白く写るため、乳腺が多い高濃度乳房は全体的に白く見える。一方、乳腺が少ないと、画像は薄い灰色がかって見える。

 実はこの2つの画像は、ほぼ同じ場所に「がん」がある。乳腺が少ないタイプは、「がん」がはっきりと映し出されているのが分かるが、高濃度乳房では、白く写る乳腺に隠れていて「がん」は見えない。このタイプの乳房のがんを画像だけで見つけることは専門医でも困難だという。

 風間さんも「高濃度乳房」だった。そこで、医師のすすめで初めて超音波検査を受けたという。すると、超音波の画像にはマンモグラフィでは見えなかった「がん」がはっきりと映し出されていた。

「Yahoo!ニュース」より引用

   特に日本人にとってはマンモグラフィだけでは判断できない乳がんがあります。

“乳腺のタイプ”通知や説明を

現在、国は40歳以上の女性に2年に1回、マンモグラフィをすすめている。学会は高濃度乳房かどうかを知らせることやマンモグラフィと超音波を組み合わせた検診が有効か調べている。

 東北大学の研究チームが40代女性を対象に実施した調査では、検診でマンモグラフィに超音波検査を組み合わせたところ、乳がんの発見率が1.5倍にまで高くなったという。こうしたことから、乳がん検診の関連学会は、高濃度乳房の人の検診について提言を公表した。

 提言では、体制が整えば、自分の乳腺のタイプについての通知や説明を実施することが望ましいとしている。画像診断の専門医は―

 「マンモグラフィは普通に検診うけて、自分のタイプを知っていただいて、X線の検査(マンモグラフィ)に向いていれば、国が指定する2年に1回のマンモグラフィでほぼ十分じゃないかと思っていますが、高濃度乳房の方、日本人には多いので、超音波をうまく組み合わせることになる」(乳がん画像診断ネットワーク 戸崎光宏理事長)

 国は今後、学会の提言などを受け、改めて乳がん検診のあり方について検討を進める方針だ。

「Yahoo!ニュース」より引用

   マンモグラフィ+超音波検査を行うことで、より早期に発見が可能になるようです。

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード