乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳がんの新しいホルモン療法剤

今まで使われてきたホルモン治療薬とは違う、新しい作用を持つホルモン療法剤があるようです。

新しい作用を持つホルモン療法剤の登場

 

閉経後の患者さんの乳がん治療薬として承認されたフェソロデックス)である。

フェソロデックスは、アロマターゼ阻害剤や抗エストロゲン剤とは作用の仕方が異なる薬なので、1次治療が効かなくなった後に選択する薬として適しています。臨床試験でも、ホルモン療法後に増悪した患者さんを対象に、優れた治療成績を示しています。2次治療薬としておおいに期待されている薬です」

フェソロデックスの作用は、これまでも使われてきたホルモン療法剤とどう異なっているのだろうか。それぞれの薬の作用の仕方を、わかりやすく説明してもらった。

 エストロゲンは女性ホルモンの一種。ホルモン療法が効く患者さんのがん細胞には、エストロゲンを受け止めるための受け皿(エストロゲン受容体と呼ばれる)がある。ここにエストロゲンが入ると、受容体が2つ1組で合体する。そうなることで、がん細胞が増殖していくのである。

タモキシフェンなど、SERMと呼ばれる既存の抗エストロゲン剤は、エストロゲンの代わりに受け皿に入り込む薬である。ただ、入り込んでも、本物のエストロゲンではないので、細胞増殖は起こらない。つまり、この薬は自らが受け皿に入ることで、がん細胞の増殖を抑える働きをするのである。

女性は閉経になると、卵巣からエストロゲンが分泌されなくなる。しかし、まったくなくなるわけではない。脂肪細胞などから分泌される男性ホルモンが、アロマターゼという酵素の働きで、エストロゲンに作り変えられ働く。

アロマターゼ阻害剤は、この酵素の働きを抑えることで、エストロゲンを作れなくし、乳がんの増殖を抑える。アロマターゼ阻害剤が、閉経後の患者さんだけに使われるのは、こうした理由からである。

エストロゲンの受け皿(受容体)に、エストロゲンが入ると、2つの受け皿が合体(2量体)することで、初めて細胞増殖のスイッチが入る。子孫を残すのに男女が必要なように、増殖を促すためには、2つの受け皿の合体が必要なのだ。

抗エストロゲン剤の中でもSERDと呼ばれるフェソロデックスは、この受け皿の合体を阻害することで細胞の増殖を抑える。そして、合体できなくなった受け皿は、それ自体が壊れてしまい、それもこの薬の効果に関係している。

「がんサポート」より引用

   今までのホルモン療法剤とは違った機序でがんの増殖を抑えるようです。

耐性がでつきにくいのがフェソロデックスの特徴

進行再発乳がんの治療は、延命が重要なので、1つの薬剤にできるだけ長く効いていてもらいたい。その障害となるのが耐性である。がんの治療薬では、耐性が必ず起こると考えていい。

フェソロデックスでも耐性はできるが、できるまでの期間が長いことが明らかになっている。なぜ耐性ができにくいのか、明確なことはわかっていないが、エストロゲン受容体を壊し、受容体の数を減らしてしまうことが関係しているらしい。

「乳がんの薬は、たとえがんの進行を抑えることができても、それがいつまでも続かず、いずれ増殖が始まります。がんの薬は、がんの行く手を遮る迷路のようなものだと考えると、わかりやすいでしょう。がんは増殖しようという意志を持ち続け、いずれ迷路を通り抜けます。薬があっても増殖できる方法を身につけてしまうのです。これが耐性で、迷路を抜けたがんは、再び進行を始めます(図6)」

迷路を抜けて進行を始めるまでの期間、つまり耐性ができるまでの期間は、薬によってさまざまだ。フェソロデックスは、それが長いのである。

「ホルモン受容体陽性乳がんの治療は、続けられる限りホルモン療法を続けるのが原則。ところが、いずれ使うべきホルモン療法剤がなくなってしまいます。こういった例がとても多いので、治療薬の種類が増えたのは朗報ですし、耐性ができにくく、1つの薬を長く使えるというのは、大きな意味があります」

「がんサポート」より引用

   抗がん剤や薬剤には必ずついてまわる「耐性」といものがあります。

   使い始めは効果があったのに、それが徐々に効かなくなってくるということです。

   耐性がつきにくいのは、効果がある患者さんにとっては嬉しいことですね。

 

4週毎に筋肉注射で投与痛を減らす工夫

図7 フルベストラントの投与スケジュール

フェソロデックスの投与スケジュールは、前に紹介した臨床試験と同じである。1回の投与量は500㎎。初回投与し、その2週後と4週後に投与。その後は4週毎の投与となる(図7)。

投与方法は筋肉注射である。点滴に比べ、薬が体内に止まる時間が長くなるという。1本の注射が250㎎なので、1回に2本、左右の臀部に注射されることになる。

「筋肉注射なので痛いのですが、痛みを軽くする方法があります。この薬は冷所保存することになっていて、冷えたままだと注射液がドロッとした状態で、注射してもなかなか入らず、痛みも強い。ホットパックなどで軽く温めてから注射するように看護師さんには指導しています」

こうすることで注射液がスムーズに入り、痛みも軽くなるという。

「がんサポート」より引用

   治療を続けていく中で、痛みというのはできるだけ少ないほうがいいです。

   投与間隔をあけれるのは画期的です。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード