乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳がんの摘出手術後の再建。する?しない?

乳がん治療で乳房を全摘した後は

再建するという選択をされる方もいると思います。

乳房再建について調べてみました。

 

乳房再建とは

乳がん治療により、変形してしまったり、失ってしまった乳房をふたたびとりもどすのが「乳房再建」です。

乳房は女性が女性らしくあるための、女性だけが持つとくべつな臓器です。

がんの治療を受けたあとも、患者さんが、

「わたしらしく生活をしたい」
「じぶんらしさを取り戻したい」

そう思われたときに、当科ではがん治療の一環として「失われた乳房をとりもどしたい」という患者さんの要望に応えるための「乳房再建手術」を通じて安全かつ質の高い医療を提供しております。

当院では、乳房再建を希望されている患者さんへ、乳腺外科と形成外科の診療に基づくチーム医療を行っております。

当院乳腺外科は国内最高の治療内容を誇っており、優れたがんの診断・治療を実践しております。

この乳腺外科チームと密接な連携をとることによって、それぞれの患者さんの病期(がんの状態)を十分に把握し、適切な再建方法や再建時期を選択することが可能となります。

乳房再建はがん治療の延長線上にあると私たちは考えています。

女性にとって大切な臓器であるからこそ、おなじ病院のなかで密接な連携をとる「チーム医療」を行い、チームが一丸となって患者さんのQOL(クオリティ オブ ライフ)の向上に取り組んでおります。

乳房再建とは|乳房再建をお考えの方へ|がん研有明病院

 

乳房再建の希望がある、または考えてみたいと思われる患者さんはできれば乳がん手術の前に乳腺外科の担当の先生にそのことを相談されるのがよいでしょう。また、乳がんの手術が終わって、精神的なゆとりができて乳房再建の話を聞いてみたい場合もぜひ相談してください。形成外科医に直接相談されても良いです。形成外科医の方から乳腺外科の先生に連絡をとることもできます。患者さんが希望されればいつでも話をすることは可能ですし、再建をするかしないかはよく話を聞いて決めてください。ただ、乳がんの治療と再建はまったく別のものですから、必ず、乳腺外科で乳がんの定期検診を受けられるようお勧めします。乳房再建を希望される患者さんの多くはきがねなく旅行にいったり、温泉に入ったり、スポーツをしたり、胸の開いた洋服を着たいと考えて決心される方がほとんどです。ひとりで思い悩まないでぜひ形成外科医にご相談ください。

日本形成外科学会 > 会員の方へ > 形成外科で扱う疾患 > 悪性腫瘍およびそれに関連する再建 > 乳房再建

 

 

シリコンインプラントを用いた乳房再建には準備段階が必要

 

img003_01

乳房再建には2つの基本的な術式があります。

  1. 人工乳房手術(シリコン・インプラント法)
  2. 自分の組織を使う手術(皮弁法)

それでは、これからこの二つの手術方法についてお話いたしますが、その前にまず、当科の特徴のひとつである再建手術前の準備手術(ティッシュ・エクスパンダーによる組織拡張手術)についておはなしいたします。

当科では、皮膚の伸展性(のびやすさ)と柔らかさを保つために、いずれの術式の場合でも、再建の専門科である形成外科の手術により、最初に組織拡張器(ティッシュ・エクスパンダー)を大胸筋という胸の筋肉の裏に挿入し、自然な形態を得られるような工夫を行っております。

まず、皮下乳腺全摘手術の際に、少量の生理食塩水の入ったティッシュ・エクスパンダーを大胸筋の下に挿入します。(一期再建)

大胸筋の裏へ、健側と対称的な位置に正確にティッシュ・エクスパンダーを挿入することは、形成外科の治療上、自然でバランスのとれた乳房を再建するためのきわめて重要な要素であると私たちは考えております。

乳房は女性にとって大切な臓器であり、より自然な形態を再建するために、再建を目的とした乳腺全切除の手術の際には、乳腺外科とともに再建専門の科である形成外科が必ず手術に一緒に入り、責任を持って手術を行っています。このチーム医療によって、より正確に自然な乳房の対称性を再現するための準備を行うことができます。

手術後、外来受診の際に、生理食塩水を徐々に注入し、健側(切除していない側)の乳房と相応するまで組織(皮膚)を拡張します。さらに伸びた皮膚が後戻りしないようにエクスパンダーを3ヶ月ほどそのままおいておくと、より柔らかな乳房になります。

十分な皮膚のやわらかさ、のびやすさが得られたのち、人工物(シリコン・インプラント)、もしくは自家組織のいずれかを選択して再建手術を行うことが可能です。

その際、健側の乳房の大きさ・形などが手術方法選択のための大変重要な目安になります。

乳房再建の方法|乳房再建をお考えの方へ|がん研有明病院

 

シリコンインプラントを用いた乳房再建

2016-10-26

人工乳房(シリコン・インプラント)を用いた乳房再建の最も大きな利点は、体のほかの部分にきずをつけたり、身体の他の部分を用いることなく、再建手術を行うことが可能であるという点です。

手術手順としては、エクスパンダーにより十分な皮膚の進展を得た後に、人工乳房(シリコン・インプラント)と入れ替えますが、乳房を切除したときと同じきずから皮膚を切開してシリコン・インプラントを挿入します。この際には、きずが目立たないように形成外科的な特殊な縫合を行い、最終的にできるかぎりきれいな仕上がりになるよう工夫しております。

全身麻酔は必要ですが、きわめて低侵襲の手術であり、実質の手術時間も約30分から1時間程度で済みます。

術後の合併症の心配もほとんどなく、入院期間も最短(通常2泊3日)で済みます。

一方、欠点としては、シリコン・インプラントは人体にとってはあくまでも異物であるため、インプラントを挿入してしばらくたつとインプラントの周りには皮膜(ひまく)といってうすいカプセルのようなものができてきます。そして何もせずに放っておくと、この皮膜はだんだん縮こまってきてしまうため、せっかくいい形で入っていたインプラントがだんだん変形してきてしまうことがあります。そのため、インプラントの手術を選んだ場合には皮膜拘縮(ひまくこうしゅく:ひまくがちぢまってしまうこと)をおこさないように主治医の指導のもとでマッサージをおこなわなければいけません。

身体にはいる異物であるインプラントの問題点としては、感染症の問題があります。一般的には、シリコン・インプラントを用いた再建で約3%の患者さんに感染症が生じるといわれています。感染が生じた場合には、インプラントを取り出さなければ感染がなおらないことがあります。

治療費の点から考えると、現段階ではシリコン・インプラントを用いた乳房再建手術は健康保険の適応外となっており、すべて自費による負担となります。

また、シリコン・インプラントでは形状的に下垂した乳房への適応が難しいことや、対側(治療していない側)が年齢とともに下垂してもシリコン・インプラントで再建した乳房の形態には変化が起きないため、手術直後の自然な乳房の対称性が徐々に失われていくといった難しい点が考えられます。

この問題に対する私たちの解決策としては、

  1. 乳房下溝(にゅうぼうかこう:乳房の下のライン)を少し低い位置において左右のバランスをとる、
  2. 健側(手術をしていない側)の乳房を少しつりあげることによって両側とも若々しい印象にする、
  3. 健側を豊胸することで乳房下垂の改善をはかる、

などの治療をおこない、患者さんの希望する形に可能な限り近づける工夫を行っています。

また、術後放射線照射を受けている方、もしくは照射を予定されている方では合併症の頻度が増すことからシリコン・インプラントは適応とはならず、その場合には自家組織での再建を推奨しています。

当院では、人工乳房にINAMED社のMcGhan style 410を使用しています。インプラントの形が立位での乳房の形に近い涙滴型で、エクスパンダーと同じように表面はすこしざらざらとした祖面加工がなされていて、被膜による拘縮(ひきつれ)を予防し、インプラントの位置異常が起こりづらくなっています。内容にコヒーシブシリコンジェルという「こんにゃく」のような特殊なシリコンが使われていることで、外側のシリコンの膜が破れても流れ出しにくい構造になっており、現在あるものの中で質感と安全性が最も優れているインプラントといわれています。インプラントの幅と高さ、突出度の組み合わせによって117種類の中から適切なサイズを選んで使用します。

乳房再建の方法|乳房再建をお考えの方へ|がん研有明病院

 

2016-10-26-1

2)人工物(シリコンインプラント)を使って再建する方法

乳がん手術では乳輪乳頭を含む乳房の皮膚が切除されることが多いため、まずは組織拡張器(ティッシュエキスパンダー)で皮膚を伸展させる必要があります。そのため初回の手術では、乳がん切除後にティッシュエキスパンダーを大胸筋の下に挿入してから傷を閉じます。手術時間は乳がん切除が終了して1時間程度、入院期間は手術後7~10日程度です。

ティッシュエキスパンダーは外来で徐々に拡張させ(2~3週に1回程度通院していただきます)、皮膚を伸展させます。皮膚が十分に伸展したところで伸展した皮膚が安定するまで3~6か月程度待機していただきます。そして2回目の手術で、ティッシュエキスパンダーを取り出し、シリコンインプラントに交換します。もともとシリコンインプラントは保険適応外であり高額なことが問題でしたが、2013年から保険適応となりました。

インプラントを用いて再建した乳房ではわきとインプラント上方に凹みを生じやすいことがしばしば問題となります。当院では腹部あるいは大腿より脂肪吸引を行い、生じた凹みに脂肪注入を行っています。インプラント交換と脂肪注入を同時に行うことにより1回の手術でインプラントの欠点を補い、より自然に近い形の乳房を再建することが可能になります。

利点:

体の他の部分に傷をつけなくてすむ

手術時間、入院期間が短い

欠点:

感染や破損、広範囲の皮膚壊死がおきた場合には、人工物を取り出す必要がある

将来的に入れ替えの必要がある

カプセル拘縮が出現して硬くなったり変形したりすることがある

最低でも手術を2回受ける必要がある

仰向けになったときや動いたときに乳房の自然な移動がない

形成外科 << 国立がん研究センター中央病院

 

自分の組織を用いた乳房再建

 

自分の組織(自家組織:じかそしきともいいます)を身体のある場所からほかの場所へ移動することによって欠損した部分をおぎなう再建手術の方法を、「皮弁(ひべん)法」といいます。

自家組織による乳房再建方法は、大きく分けると「腹直筋皮弁法」といっておなかの組織を使って再建する方法と、「広背筋皮弁法」といって背中の組織を使って再建する方法の2種類があります。 通常、背中の脂肪組織と筋肉はそれほど厚いものではなく、これらの組織だけで乳房を再建するにはボリュームが不足することが多いので、私たちは背中の組織の使用(広背筋皮弁)は第一選択にはしていません。そこで、この項目ではおなかの組織を使う「腹直筋皮弁法」を中心にお話したいとおもいます。

乳房再建の方法|乳房再建をお考えの方へ|がん研有明病院

 

 

1)自家組織による再建

患者さん自身の体の一部の組織を胸に移植する方法です。腹直筋皮弁を用いた再建(腹部の皮膚と脂肪と筋肉に血管をつけて前胸部に移植して乳房をつくる)と広背筋皮弁を用いた再建(背中の皮膚と脂肪と筋肉に血管をつけて前胸部に移植して乳房をつくる)の2つの方法があります。なぜ乳房をつくるのに筋肉と血管が必要かといいますと乳房をつくるのに必要な大きさの皮膚と脂肪組織は筋肉から入る血管がないと生きないからです。従って、単なる脂肪移植では乳房は再建できません。この手術法の利点は自分の組織で再建されるため、違和感がないことです。しかし、胸に他の部位の組織が移植されるため、胸と他の部位に傷あとが残ります。また、胸に他の部位の皮膚が移植されるため、その部位の知覚が鈍くなります。

日本形成外科学会 > 会員の方へ > 形成外科で扱う疾患 > 悪性腫瘍およびそれに関連する再建 > 乳房再建

 

どちらの乳房再建を選ぶか難しいところですね。

インプラントと自家組織の乳房再建のメリットデメリットをしっかり理解して決断するのが良いでしょう。

 

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

hamutaro

hamutaro

ハムタロサァン!

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード