乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

ヘアカラーに乳がんのリスクの可能性が…

暖かくなってくるこの季節に、ヘアカラーを少し明るくしてみるひとも多いのではないでしょうが?

ただ、色が長持ちするカラーリング剤にはリスクがあるようです。

フィンランドで発表されたヘアカラーと乳がんの関係性の研究

研究背景
以前から髪を染めるヘアカラー剤を使用することが、乳がんのリスクを上昇させるのではないかという議論がありましたが、はっきりした結論は出ていませんでした。

研究概要
2015年にフィンランドの研究者が発表した研究で、乳がん患者6,800人と乳がんのない女性2万人を比較した調査が行われました。

結果、ヘアカラー剤を使用している女性は、使用したことがないか2回までの女性に比べ、乳がんになる危険性が23%高く、ヘアカラー剤を使用し始めた年齢が若いとリスクが高くなる傾向がありました。

ヘアカラー剤はどのような製剤であっても、使用したことがない人に比べるとリスクは高くなりましたが、特に色が長続きするタイプだとリスクが30%増加しました。

研究の課題点
乳がんがある人たちとない人たちを比べる際に、染髪剤の使用以外にも様々な条件が異なるため、一概に染髪剤の影響だけで乳がんリスクが高くなっているかどうかははっきりと言えません。

今後も研究が必要とのことです。

「アメーバニュース」より引用

   今後も研究が必要としながらも、乳がんのリスクが高くなる可能性は否定出来ないようです。

ヘアカラー剤に入っている危険な成分

ヘアカラー剤が髪の色を変える原理
アルカリ剤がキューティクルを開き、過酸化水素水が髪のメラニン色素を脱色し、過酸化水素水と酸化染料と呼ばれる物質が化学反応を起こすことで色素が生まれ、髪の中に浸透します。

他に髪の色を変える製品として、ブリーチ剤やヘアマニキュア、カラースプレー、リタッチ剤などがありますが、染料を含まなかったり、数回のシャンプーで落ちてしまうものです。

化学物質の認可は国ごとに違う
酸化染料にどのような化学物質を認可するかは国によって異なります。

芳香族アミンの代表であるパラフェニレンジアミンは、発がん性があると立証されEU諸国では使用禁止となっていますが、アメリカや日本では禁止されていません。

パラフェニレンジアミンの他、アミンやアミノとつく芳香族アミン、界面活性剤、過酸化水素水、アンモニアといった成分について人体への危険性が懸念されています。

54

「アメーバニュース」より引用

   国によって禁止薬剤の違いが見られます。

   発がん性が立証されているものは積極的に使用禁止にしてほしいものです。

なぜヘアカラー剤が乳がんのリスクを高めるのか?

ヘアカラー剤の酸化染料に含まれる、芳香族アミンと呼ばれる化学物質と、DNAが結びついたような産物が乳腺組織に認められることは以前から知られていました。

芳香族アミンは他にもリンパ腫、白血病、膀胱がんなどのがんのリスクを高めると報告されています。

「アメーバニュース」より引用

   使用するカラーリング剤をしっかり選ぶ必要がありますね。

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード