乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

若年性乳がん悩み語り合おう 患者サロンが初企画

若い母親対象の「若年性乳がん患者の集い」が3月18日(土)、和歌山市手平のビッグ愛9階で開かれる。

病気への不安や生活の悩みなどを語り合う「乳がん患者サロン・スイートピー」が初企画。

田中文子代表は「小さな子を抱えている患者の悩みや悲しみは計り知れず、同世代に患者が少ないために1人で抱え込んでしまいがち。そうした人たちの支え合いの場にしていきたい」と願っている。

若年性乳がん悩み語り合おう 患者サロンが初企画

 

同会は、2010年から毎月、和歌山市や橋本市など県内4ヵ所のいずれかで患者の集いを開催。

電話相談も受け付けている。

乳がんは女性がかかるがんの中で最も多く、和歌山県内では12年の新規罹患(りかん)者数が554人

このうち、40歳未満は24人だったが、30代女性がかかったがんの中で子宮けいがんに次いで2番目に多かった。

タレント、小林麻央さんの闘病がメディアで報じられ、近年、若い女性からの相談が増えていることから、若年性に特化した集いを開くことにした。

 

「女性 集い イラスト」の画像検索結果

 

患者サロンに参加する和歌山市の女性は2年前、出産後に乳がんが発覚。

当時0歳だった娘が突然母乳を飲まなくなった。

「乳首が変形し、調べると見つかりました。もうダメだと落ち込みましたが、子どもを見て、『生きたい』との思いを強くしました」と振り返る。

抗がん剤や手術で治療したものの、「がんの栄養となる女性ホルモンを抑える薬を飲んでいる間は2人目の子どもは望めない。薬を止めると再発するリスクがある。子どもにどう話せば良いのか、同世代の声を聞きたい」と明かす。

 

20年前、33歳の時に乳がんを経験した中井薫副代表は「今の悩み、今後の悩みをそれぞれ抱えていますが、仲間の存在や、打ち明けられる場があることは本人にとって心強い。共に闘っている同世代や経験者の言葉に力を得てほしい」と望む。

 

午後1時半~4時。無料。20、30代または中学生以下の子を持つ親対象。申し込み不要。

田中さん(073・436・5485)。

写真=相談に訪れた女性を迎える田中代表(中央)ら

(ニュース和歌山より。2017年3月11日更新)

若年性乳がん悩み語り合おう 患者サロンが初企画

「居場所があるから頑張れる」若年性乳がんフラチーム​、仲間と踊って自然と笑顔に

若年性乳がんを知る、語る 支援団体が「サミット」

がん患って見えたモノ

若年性乳がんとは…

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード