乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

「がんって、不幸ですか?」日テレ報道記者・鈴木美穂氏が語った乳がん闘病から7年間の記録

「がんになっちゃった……」。

2006年に日本テレビに入社した鈴木美穂さんは、入社3年目の24歳の時に突然の乳がんの宣告を受けます。

右胸全摘手術・抗がん剤による副作用など、言葉では語り尽くせない辛い体験を乗り換えた彼女の支えは自身の「報道記者」としての使命でした。

 

「鈴木美穂 乳がん」の画像検索結果

「がんになったからこそ伝えられることが、きっとある」

気丈に語った鈴木さんが振り返った7年間の闘病記録と「がん」の持つ意味とは? 

このドキュメンタリー記録は2015年7月4日(土)10:30〜11:25 リアリTV ZERO特別版「Cancer gift(キャンサーギフト)がんって、不幸ですか?」内で放送予されました。(日本テレビ関東ローカル、放送終了後HPにて動画配信)

「がんって、不幸ですか?」日テレ報道記者・鈴木美穂氏が語った乳がん闘病から7年間の記録

リアリTV「Cancer gift(キャンサーギフト)がんって、不幸ですか?」

 

 

 24歳で突然の乳がん告知を受けて

gazou01

「Cancer gift がんって、不幸ですか?」

「がんになったからこそ伝えられることが、きっとある。」

私は乳がんを告知されてからずっと、そう信じてきました。

右胸の全摘手術を受ける時も、抗がん剤の副作用で苦しんでいる時も、意識が朦朧としている時でさえも。

そう信じて、同僚や家族に頼んで映像を記録し続けてもらっていました。

「いつか乗り越えて、この経験を活かせる時がくるんだから。」

無理矢理でもそう思っていないと、今にも壊れてしまいそうだったのです。

 

26歳でステージ4の乳がん発覚、私が決めたライフデザイン ~憧れのNYに行く~

乳がん経験から団体設立へ・・・ テレビ局記者 鈴木美穂さん 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード