乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳がん治療にも癒やしを。アロマの香りで体も心もリラックス☆

乳がんの治療。「頑張らないと」って思って一生懸命頑張る。

けれど副作用がでる治療もたくさんあって体が悲鳴をあげることもある。

乳がんと告知され気持ちの整理がつかないままに始まる治療に大きな不安を抱えながらも一生懸命取り組む。けど「つらい」「不安」「こわい」などといった気持ちが大きくなり気持ちが沈み涙が止まらなくなる。

そんな治療の日々に少しでも癒しを取り入れてみませんか?

今、医療界でもアロマテラピーが注目されてきています。乳がんの治療に合うアロマオイル(精油)を調べていきたいと思います。

アロマテラピーの何がいいの?

花粉症とアロマテラピー

美容ステディより引用

アロマテラピーは、香りによるリラクセーションや癒しの効果によって、美容や健康に役立てようとする療法です。ガンの化学療法中や、進行ガンの緩和医療などで、治療中のストレスや緊張、不安や恐怖心を和わらげる効果があることが報告されています。

不安や恐怖心や精神的ストレスがあると、免疫力や治癒力が低下し、ガンが再発しやすい体になります。したがって、ガン治療後に襲ってくる再発への不安や恐怖心を和らげることができれば、その方法はガンの再発予防にも貢献できると考えられます。アロマテラピーによるリラクセーションや癒しの効果は、ガン再発を促進する可能性がある不安や抑うつ状態を軽減する一つの手段として利用でき、マッサージと併用すると効果は高まります。

http://www.1kampo.com/Q-08(aroma).html

 

アロマテラピーで使われる精油には香りがあり、その刺激によってリラックス効果が得られるといわれています。また、香りとともに鼻から体へと取り込まれた精油の成分が血流に乗って全身をめぐることで、血行促進などの効果も期待できるのです。精油が直接肌に触れるアロママッサージなどでは、肌からも精油の成分を取り込むことができます。http://blog.gannoclinic.jp/212/

 

精油の香りの成分が鼻や皮膚から取り込まれ、血流へと運ばれることで体への作用がうまれるのですね。

 

おすすめの精油

http://woman.mynavi.jp/tu/151202-frienbr/

 

一人ひとり香りの好みは違います。

乳がんの患者様によく好まれる香りの精油をご紹介していきます。

☆真正ラベンダー
副交感神経の働きをよくして抹消血管を広げる作用のある、
「リロナール」という成分が含まれています。
精神を安定される作用、鎮静作用、睡眠作用、
免疫アップの効果が期待できます。

☆ローズマリー
抗うつ作用、健胃作用、集中力アップなどの作用アリ◎
気持ちが落ち込みがちな時に特におススメです。

☆ペパーミント
吐き気を抑える作用があるので、
抗がん剤の副作用を緩和する効果が期待できます。

☆ユーカリ
利尿作用があるので、むくみ解消に効果大♪

http://nyugan.e-rev.net/category6/entry67.html

 

使い方は様々で、寝る前にティッシュに1、2滴垂らして枕元に置いたり

お部屋全体に香りを広げたい場合は、デュヒューザーという香りを拡散させる機械を用いたり

植物オイルに精油を垂らして、少しマッサージをしながら体へ塗布したりなど

様々な方法で香りを楽しむことが出来ます。

注意点

 

http://www.aromabeautylife.com/lippia-citriodora/

 

乳がんのがん細胞のタイプにはエストロゲンを餌にして増殖するタイプがあります。

精油にはエストロゲンの作用を高める精油もあります。

そのため、精油選びには注意が必要です。

 

乳がんで「ホルモン療法」を受けている場合、
フェンネルやクラリセージ、アニスなど
「エストロゲン様成分」(要するに、女性ホルモンと同じ効能を持つ成分)を
含むオイルは使用を避けることをおススメします。
(乳がんの約65%がエストロゲン依存性の乳がんであり、
エストロゲンの刺激によってがん細胞の増殖が高まってしまうため)
aroma

http://nyugan.e-rev.net/category6/entry67.html

 

乳がんのがん細胞のタイプや治療によっては避ける必要がある精油もあるので気を付ける必要がありますね。

まとめ

140407relax.jpg

http://www.lifehacker.jp/2014/04/140407relax.html

乳がんにおこる様々な身体の変化や気持ちの変化。少しでも前を向いて日々の生活をおくれる一つの方法がアロマによるリラクゼーションなのかもしれませんね。アロマ以外にも自分に合ったリラックス方法を見つけるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード