乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

欧米食はやっぱりだめ・・・?乳癌の発症率は食べ物が大きく関係している!

皮下脂肪と女性ホルモンと乳がん

皮下脂肪が女性ホルモンを蓄えることは、なんとなくご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ぽっちゃりやおデブタレントの女性の方はみなさん肌が綺麗ですよね。

これは皮下脂肪に蓄えた女性ホルモンのおかげと言われています。

-e1449142957855-150x150  08773244

反対に、マラソンなどの陸上競技の選手が、記録を出すために体を絞りに絞って、女性ホルモンを蓄えにくくなったり、バランスが崩れるために、生理がこなくなったりすることもあります。

 

かといって、女性らしく、綺麗になるためには皮下脂肪をたくさん蓄えるべきか?というと、そうではありません。それでは生活習慣病まっしぐらです。

過剰な女性ホルモン「エストロゲン」は、乳癌のリスクとしても指摘されています。

食の欧米化による肥満の増加

脂肪に蓄えられる
女性ホルモンの量も増え、過剰に
  ↓

皮下脂肪はエネルギーだけでなくエストロゲンなどの女性ホルモンを蓄えています。乳がん発生のリスク因子として過剰な女性ホルモンの存在が指摘されており、脂肪の増加が女性ホルモンの過剰な蓄積を招くためリスク要因となります。http://www.nyu-gan.jp/symptom/stage.aspx

 

ちなみに、閉経前の乳癌については、逆に肥満者の方がリスクが低くなるという統計があるようです。

 

食生活と乳がん、生活習慣病

マクガバン新書でも発表されているように、生活習慣病を予防するためには「元禄時代の日本食」が最もよい。

つまり、魚や無農薬の野菜、豆、玄米などに含まれる、体が必要とする栄養をしっかりとり、悪いものは極力入れない、またはしっかり出すことが大切とされています。

photo1-150x150

 

豆類に含まれる植物性たんぱく質は「食べる補正下着」とよばれ、女性の外見の美しさを引き出すだけではなく、内臓や血管、全てにとって最良の材料のひとつです。

ホルモンバランスも整えてくれます。

 

優秀だった日本食とは反対に、動物性のものや脂質、糖質、添加物が多い現代の食事をわがままに選んでいたら、体は怒ります。

処理するのも大変なのに欲しいものはくれない!と・・・。

 

体の声に無頓着な生活習慣は、乳がんだけではなくすべての癌、また、あらゆる生活習慣病をまねきます。

ガンをはじめとする生活習慣病予防を中心にしたブログに、

このようなレシピがありました。

必要な栄養をカバーしつつ美味しく健康的なレシピ。

豆腐とすぐきのタルタル。

http://fujimaru1.blog.fc2.com/blog-entry-14.html?sp

 

「乳がん予防」のみに目的を絞って食事、栄養、習慣を考えるのではなく、健康でい続けるため、美しくい続けるために生活習慣の質を上げることが、結果として乳癌の予防にもつながると筆者は考えます。

飲酒と乳がん

食べ物だけでなく「飲酒」も忘れてはならない乳がんや生活習慣病の危険因子です。

運動不足も同じくですね。

飲酒習慣により、乳がんリスクが高くなることは確実、また、運動による乳がん予防効果はおそらく確実とされています。

http://www.nyu-gan.jp/symptom/stage.aspx

 

栄養を考える前に環境を整える必要も

食生活以外にも、現代的に体質を改善しようと思えば、「空気」を大切にすることも欠かせません。

綺麗な空気の所に住んでいる人と、汚い空気の所に住んでいる人、どちらが健康で長生きすると思いますか?

免疫は寝ている間に作られますので、1日の間で、寝ている間の空気だけでもきれいにできれば、栄養がしっかり体に回って免疫も万全に整います。

「寝室の空気は、靴箱と同じくらい汚れている」

そんな中で寝ていても、疲れはとれず、ホルムアルデヒドやチリ、ダニの侵入と闘うために栄養を無駄に流すだけです。

 

選べるのであれば空気も選べる時代です。

空気清浄機という便利なものを、嗜好品ととらえている人がいますが、自分が生きて吸っている空気の質や体の中で何が起こるかさえ分かれば日用品です。

 

また、避けられない化学物質など悪いものを体から出す、デトックスする為には、「水」の必要性も考えなければなりません。

人間の身体は60兆個の細胞で出来ており、そのすべてに「水」が入っています。

身体のうすい塩分濃度を保ちながら、細胞の中の水をきれいな水に入れ替え続けるには、3ℓ~お水を飲むことがすすめられています。

お茶やコーヒーは水分であり、水に変換するために時間がかかるので代謝スピードを速めるなら常温のお水が必要です。

ちなみに、モデルさん達は5ℓや6ℓ飲む人もいてます。

なぜ?と聞けば「綺麗でいるのが仕事だから」とおっしゃいます。

 

そして、代謝をあげるためにはさらに細胞膜のことも知っておかなければなりません。

細胞膜は、動物性の脂を多く取っていると固くなり、スムーズに生まれ変われません。

 

「知識は意識」です。

何も知らなければ選ぶことが出来ませんし、食事を変えなければ・・と考えることもつらいはずです。

 

自分の大切な家族や友達の為にも、学べる場に行って、自分が健康できれいになり、からだのことを教えられるくらいになれたら良いですね。

 

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード