乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳がん手術後、お風呂につかれるのはいつから?

日本人女性の12人に1人が乳がんになると言われています。

乳がんの治療で手術を受けられる方も多くおられます。

乳がんの手術が終わった後、生活で気をつけなければいけないことがあるようですが

お風呂浸からるのはいつからなのでしょうか?

 

シャワーの時期

手術後の経過が順調だと、数日後には、シャワーの許可がでることがあります。

シャワーを浴びられるようになるためには、全身状態がおおむね良好で、発熱がなく、創部の治りも順調で、点滴の針が体から完全になくなっていることが基本的な条件になります。

創部については、抜糸していなくても、最近は防水のテープなどがありますので、これらを利用して創部をできるだけ濡らさないようにすれば大丈夫です。

もちろん、長引いている場合や患者さんの状態によっては、いろいろな工夫をしてシャワーを浴びていただくこともあります。また、どうしても難しい場合には、体は清拭を行い、頭は、洗髪台を使って看護師さんに洗ってもらうことが多いです。

https://allabout.co.jp/gm/gc/300850/2/

 

 

入浴の時期

湯船の中に浸かって入浴するのは、もう少し経ってからが望ましいとされています。

湯船の中の水はシャワーの水に比べるとかなり不潔ですので、退院後すぐに長時間傷を浸けておくのはあまり良くないでしょう。

通常、手術が終わって無事に回復して退院すれば、外来の予約を退院の1〜2週間後にとりますから、そこで傷を診察して入浴の許可を出すことが多いです。

傷の状態によりますが、通常きれいに治っていれば手術1ヶ月後までには湯船に入るのを許可しています。

銭湯温泉に行きたい、という場合もこのくらいの期間を目安にしてください。

外科医の視点より引用

 

気をつけること

感染

リンパ節を郭清すると感染に対する抵抗力が落ちます

腋窩リンパ節を郭清した場合は、感染に対する抵抗力が落ちます。手術後1~ 2年、場合によっては5年も経過した後に、腕や手指の傷口から細菌が侵入したり、外傷がない場合でも、抵抗力が落ちると喉頭や咽頭などにいる細菌が血液を介して患側前腕や上腕に侵入して、丹毒たんどく蜂窩織炎ほうかしきえんが起こることがあります。特に、太っていて腕にむくみのある方は注意する必要があります。

丹毒は皮膚および皮下の炎症であり、蜂窩織炎は皮膚の深いところに生じ、急激に下方に広がる化膿性の炎症のことをいいます。感染が起こると腕に発疹がでて、痛みと発熱が生じ、体がだるくなります。そして、腕のむくみが急激にひどくなりますので、まず、腕や手指にけがをしないようにすることが大切です。感染してしまった場合は、医師の診察を受け、すぐに抗菌薬を服用します。場合によっては抗菌薬の点滴を受けると早く軽快します。感染を一度起こすと、これを繰り返すことがありますので注意が必要です。 ただし、あまり神経質になりすぎる必要はありません。常に清潔にさえしていれば、手術した側の腕から採血してもかまいません。

 

手術後の段階をふんで、入浴が可能になるのですね。

手術の際に脇のリンパ節などをとると、外からの細菌などによる感染が傷口から起こることがあるようです。

乳房付近の皮膚の状態を清潔に保つことが大切ですね。

 

「清潔」の画像検索結果

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwim5s6IzIjWAhXFWLwKHQClAPcQjhwIBQ&url=http%3A%2F%2Fmama.bibeaute.com%2Farticle%2F73658%2F&psig=AFQjCNHwoZMy3dT1Z5txmDCn1GDe7BQe0g&ust=1504513592139407

 

 

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード