乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

アストラゼネカのオラパリブとは

アストラゼネカの「オラパリブ」は、来年にも卵巣癌に対して承認される見通しとなっている。

この新薬は、「BRCA遺伝子変異陽性の転移乳がん」にも効果があるとされ、現在第Ⅲ相臨床試験が

実施されている。

オラパリブについて

オラパリブは、革新的なファースト・イン・クラスの経口ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害剤であり、DNA損傷応答(DDR)経路に異常をきたしたがん細胞に特異的に作用し、細胞死を誘導します。オラパリブは、業界トップクラスのアストラゼネカのがん細胞のDNA損傷応答(DDR)メカニズムを標的とする既存薬および新薬候補からなる業界有数のポートフォリオの基盤となる薬剤です。

オラパリブは、現在、プラチナ製剤ベースの化学療法に奏効している(完全奏効または部分奏効)プラチナ製剤感受性再発BRCA遺伝子変異(生殖細胞系/体細胞系)高悪性度上皮卵巣がん、卵管がんあるいは原発性腹膜がんの成人患者さんの維持療法として単剤使用がEUで薬事承認されています。同剤はまた、3回以上の化学療法による前治療歴のある、生殖細胞系BRCA遺伝子に病的変異あるいはその疑いのある変異を有する(FDAより承認された検査で検出)、進行卵巣がん患者さんの単剤療法として米国で承認されています*。

現在、オラパリブは原発乳がんに対する術後補助療法を検討する第III相試験(OlympiA)が行われています。

「JIJI.com」より引用

   米国で卵巣がんに対しては承認されています。そして、転移乳がんに対して臨床試験が

   進んでいるようです。

生殖細胞系BRCA遺伝子変異について

BRCA1およびBRCA2は損傷したDNAの修復に関わるタンパク質を生成する遺伝子であり、細胞内遺伝子の安定性維持に重要な役割を果たします。これらの遺伝子のいずれかが変異あるいは変化すると、BRCAタンパクが生成しないまたは正常に機能せず、DNA損傷が適切に修復されない可能性があります。その結果、細胞のがん化につながるさらなる遺伝子変化を起こす可能性が高くなります。

BRCA1およびBRCA2の特定の遺伝的変異は女性の乳がんおよび卵巣がんのリスクを高めるとともに、その他の複数種類のがんのリスク上昇と関連するとされてきました。BRCA1およびBRCA2遺伝子変異を合わせると遺伝性乳がんの約20-25%を占めており、すべての乳がんの約5-10%を占めています。更に、BRCA1およびBRCA2の遺伝子変異は卵巣がん全体の約15%を占めています。BRCA1およびBRCA2遺伝子変異に関連する乳がんならびに卵巣がんは、非遺伝性の患者さんに比べ若年期に発症する傾向があります。

「JIJI.com」より引用

   国内では、卵巣がんに対して甲府県立中央病院で臨床試験が行われているようです。

   日本でも有用性を認められ承認されれば、また治療が広がるかもしれません。

 

 

 

 

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード