乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

リンパ浮腫について。

「リンパ浮腫」皆さんは聞いたことのある言葉でしょうか?

リンパとは

■リンパ とは

リンパ(液)とは、必要に応じて細胞組織から産生される液体リンパ細胞(リンパ球)・白血球を含みます。不要になった老廃物や蛋白成分・ウイルスなど病原体を回収しながら、集合リンパ管(リンパ管)を通して心臓へ送る下水道の様な役目をする液体のことです。

集合リンパ管は必ずどこかのリンパ節に繋がっていて濾過されます 
リンパは、血液とは違って赤血球や血小板などを含みません。

■リンパ管は、静脈にからみつくかたちで全身に分布し、胸管などの太い主リンパ管となって、首のつけ根の頸部リンパ節と繋がり鎖骨下の静脈角から静脈に繋がっています。
リンパ管中のリンパは歩行や運動による筋肉の収縮・弛緩によって、より太い方へ送られますが、リンパは必ずどこかのリンパ節を通り静脈につながり血液に戻って心臓を介し全身を巡ります。
リンパの流れは血流の様に速くなく、ゆっくりと大河の様に移動するそうです。

リンパ節(リンパ腺)の配置(上図)とリンパ流の通路
リンパ管の各所に、2mm~3Cm程の大小様々な豆状のリンパ節が芋づる状にあります。
その数は 400~700個 ありその半数以上が腹部に集中しています。
主なリンパ節群は、頸部・腋窩部・腹部・骨盤部・鼠径部 に集中しており、四肢から流れてくるリンパに対して腋窩部・鼠径部・骨盤部のリンパ節群は関所のような位置関係にあります(乳癌や子宮癌の手術で、このリンパ節が郭清されると術後に発症するリンパ浮腫の要因になります)

■リンパ節は体を守ってくれる非常に大切な働きをしています。
リンパ節はリンパ腺とも言われ網状の皮質とリンパ細胞(ろ胞)からなっており、リンパの濾過器(フィルター)としての役目をしています。
リンパ節には白血球、とくにリンパ球が集中していて、リンパと共に運ばれてくる体に不要な病原体などを細網繊維の網に引っ掛け捕えます、それをリンパ球などが処理(食べる)します。そして処理しきれなかった異物や病原体・ガン細胞などを一時的に溜め込みます、手術でこれらのリンパ節は郭清(かくせい)されます。
※郭清:全てをきれいに取り除くこと。

http://www.page.sannet.ne.jp/k-suto/linpa-1.htm

「リンパとは」の画像検索結果

https://health.goo.ne.jp/medical/body/jin017

身体の中には沢山のリンパがあります!

 

リンパ浮腫

(1)リンパ浮腫の原因と発症時期

がんの治療において、手術でリンパ節を取り除いたり放射線治療によってリンパの流れが停滞することで、生涯にわたり腕や脚がむくむことがあります。このむくみをリンパ浮腫といいます。これは乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、皮膚がんなどの治療による後遺症の一つです。発症時期には個人差があり、手術直後から発症することもあれば10年以上経過してから発症することもあります。

リンパ浮腫は、がんの治療を受けた全ての患者さんが発症するわけではありませんが、一度発症すると治りにくいという特徴があります。軽いむくみであれば、自己管理をしながら普段の生活を送ることができますが、重症化すると生活に支障を来すことがあります。発症後は早い時期から治療を始め、悪化を防ぐことが重要です。

旅行や引っ越しなどで重い荷物を運ぶなど、無理をしすぎるとむくみのきっかけになることがあります。また、炎症をきっかけにむくみを発症することもあります。

(2)リンパ浮腫の症状

  • 早期の症状
    自覚症状があまりないのでむくみに気が付かないことがあります。リンパ液がたまって皮膚の厚みが増すと、それまで見えていた静脈が見えにくくなる、皮膚をつまんだときにしわが寄りにくくなるなどの症状がみられることがあります。
  • 軽度から中等度の症状
    腕や脚ががんの治療前と比べて太くなります。腕や脚がだるい、重い、疲れやすいなどの症状が出てきます。体の場所によっては、むくんだところを指で押すとあとが残ります。
  • 重症化したときの症状
    むくみが進行すると、皮膚が乾燥しやすい、硬くなる、毛深くなる、肘(ひじ)、手首・指・膝(ひざ)・足首などの関節が曲がりにくい、動かしたときに違和感があるなどの変化があらわれます。
一般的に、リンパ浮腫は痛みを伴わないことが多いのですが、むくみが急に進んだときには痛みを感じることがあります。
http://ganjoho.jp/public/support/condition/lymphedema.html
 
 
 
病院でのがん治療でリンパ節を取り除いたり、その他の治療でリンパ節に影響がおこるとリンパの流れが滞り手や足がむくむ、ということになるのですね。
 
脇周辺のリンパ節をとると、腕がむくみ、足の付根のリンパ節をとると、足がむくむということですね。
 
 

リンパ浮腫の予防

手術を受けたすべての人にリンパ浮腫が発生するわけではないものの、多くの患者さんを悩ませているのも事実。リンパ浮腫を起こさないためには、なんといってもリンパ液の流れを妨げないことが大切です。

 日常生活では、きつい下着や衣服を身に着けない、腕時計や指輪で局所的に締め付けない、同じ姿勢を取り続けない──といったことを心がけましょう。腕への負担が大きい家事や介護、子どもの世話などは、あまり頑張りすぎず、休憩を取りながら行ってください。

 太ると脂肪によってリンパ管が圧迫され、リンパ浮腫を悪化させます。肥満は乳がんの再発との関連性も指摘されていますから、体重管理はさまざまな側面から重要といえます。

 また、皮膚を傷つけないように注意しましょう。炎症が起きるとリンパ液が皮下組織にとどまり、浮腫を起こしやすくなります。そればかりではなく、細菌感染から蜂窩織炎(ほうかしきえん)と呼ぶリンパ浮腫の合併症を引き起こすことがあります。

 皮膚は常に清潔に保ち、炊事や掃除の際はゴム手袋、庭仕事では厚手の手袋や長袖の服を着用しましょう。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/breast/aes/201112/522640.html

 

手術した方の腕や足に負担がかからないようにすることがとても大事ということですね。

また、むくんでいいると皮膚がどうしても弱くなったり乾燥したりと、バイキンが入りやすい環境にあるので皮膚のお手入れも重要ですね☆

 

むくみがあると生活にも支障が出てきます。むくみに気がついたら早目に病院へ相談し適切なアドバイスや対処の仕方を教えてもらいましょう。

 

「緑」の画像検索結果

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/midori/

 

 

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード