乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

今が旬! 乳がんにも秋刀魚がイイ

今が旬の「秋刀魚」などの青魚には、オメガ3不飽和脂肪酸というものが含まれており

これは、いろいろ身体に嬉しい効果があるようです。

オメガ3不飽和脂肪酸の効果

青魚に豊富に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)、その中間体であるDPA(ドコサペンタエン酸)、さらに、えごまなどの植物油に豊富に含まれているαリノレン酸(ALA)は、オメガ3に分類される不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸は細胞が正しく機能するのに欠かせない必須脂肪酸であると同時に、血液中の脂質濃度を下げる働きがあると考えられることから、以下のような優れた健康効果があると期待されています。

    ・悪玉コレステロールを下げる

    ・中性脂肪を下げる

    ・動脈硬化の予防・改善

    ・高血圧の予防・改善

    ・肥満症、メタボリック症候群の予防・改善

    ・認知機能の改善

    ・花粉症・アトピー・喘息などアレルギー症状の緩和

「サオウリメントマニュアル」より引用

   疾病予防に良いと言われている成分、「オメガ3不飽和脂肪酸」はよく耳にする言葉です。

   例の健康効果があるのは、とても凄いですね。

青魚に含まれる不飽和脂肪酸に乳がんのリスクを下げる効果

今回、これらの優れた健康効果に加えて、オメガ3脂肪酸に分類される不飽和脂肪酸のうち、特に青魚に豊富に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)DPA(ドコサペンタエン酸)などの脂肪酸に、乳がんの発症リスクを大きく低下させる効果も期待できることがわかりました。

この研究成果は、アメリカ、ヨーロッパ、アジアで行われた21研究、26本の論文をメタ解析した結果で、全ての研究対象者の合計は実に88万3,585人、乳がん患者数は2万905人にも及ぶ大規模なものなのだとか。

乳がんの発症リスクを下げる効果は、同じオメガ3不飽和脂肪酸であっても、主に植物油などに多く含まれているアルファリノレン酸(ALA)では効果が認められず、魚由来の脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、DPA(ドコサペンタエン酸)でのみ効果が認められたこと。

そして、これらの魚由来の不飽和脂肪酸を、多く摂れば摂るほど乳がんのリスクが下がること。さらにその下がり方も、1日当たりの摂取量が0.1グラム増加するごとに(または1日の総摂取カロリーに占める不飽和脂肪酸の割合が0.1%上昇するごとに)、実に5%もの乳がんリスクを下げるという、驚くべき結果が出たところがポイントではないでしょうか。

「サオウリメントマニュアル」より引用

   同じオメガ3不飽和脂肪酸でも、魚由来か植物由来家では効果に差があるようです。

   魚由来のオメガ3不飽和脂肪酸を摂取することが大切なようです。

自分の乳がんリスクの把握

たとえ今現在乳がんに罹患していない場合であっても、父方母方どちらか一方の家系の近縁の血縁者に乳がんと診断されたご親戚が2人以上いる場合。または、たとえ近縁の血縁者に乳がんと診断された人が1人しかいなかったとしても、他に卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんのいずれかの患者さんがいる場合は、自分が遺伝的に乳がんを発症しやすい体質を持っている可能性があると言えますね。

もちろん、ご自身の乳がんリスクの大小にかかわらず、様々な優れた健康効果を有するオメガ3不飽和脂肪酸を積極的に摂取することをお勧めしますが、もしも乳がんリスクが高い場合はなおさら、今回の研究結果を上手に活用して、日頃から魚由来の不飽和脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの摂取に徹底的にこだわることで、乳がんリスクを効果的に下げることができると考えます。

「サオウリメントマニュアル」より引用

   乳がんのリスクを減らすだけではなく、他の健康効果も大いに期待できる

   オメガ3不飽和脂肪酸を積極的に摂取したいものです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード