乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳がんを制圧せよ!!

最近のニュースで取り上げられていた内容です。

乳がんに罹る人の数

2015年のがん統計予測によると、乳がん罹患数は89,400人、死亡数は13,800人であった。

乳がんの罹患数の増加は顕著であり、1995年以降、乳がんは女性のかかるがんのトップになっている。

「乳がん治療と乳房再建の情報ファイル」より引用

   乳がんの罹患率は年々増加を続けています。

   できることなら乳がんを予防したいですよね?

早期発見なら良い経過?

早期発見や罹患時の対策によっては、乳がんは他がんと比べて良好な経過が期待できる疾患でもある。例えば、5年生存率は50代女性において92.9%と、大腸がんの75.8%・胃がんの73.0%や、肺がんの43.8%に比べても高い割合となっている。

 また、乳がんは手術によりがん組織を取り除いても、手術後に再発することがあります。これは、手術前に既にがん細胞が乳房から離れて他の臓器に広がっていたためと考えられている。この手術後にも残存するがん細胞を、薬で治療し再発を防止する方法が「術後補助療法」と呼ばれるもの。適切な術後補助療法を行うことは、がんの再発防止に向けて非常に重要な位置づけとなるという。

「ヤフージャパンニュース」より引用

   乳がんは他のがんに比べて早期発見できれば、経過が良好な事が多いようです。

   やはり、定期的な検診は大切になります。

乳がん組織の遺伝子発現解析サービス

 ゲノム・パーソナル医療の進展をサポートするG-TACは、シスメックス <6869> が開発した乳がん組織における遺伝子の発現解析受託アッセイサービス「Curebest 95GC Breast」(研究用)を、G-TACが医師向けに運営している「G-TAC パーソナル医療関連検査サービス」を通じての情報提供を開始する。

 シスメックスは、乳がんの特性を表す指標として、95種類の乳がんに関係する遺伝子がどれくらいはたらいているかを調べる多遺伝子アッセイサービス「Curebest」を提供している。今回の提携は、G-TACの保持する全国800以上のパートナー医療機関・2.3万人のパートナー医師ネットワーク、並びに専門医のフォローアップ体制を活用することで、検査をより多くの医療機関・乳がん患者に提供することを目的としている。

 Curebestは、乳がん患者において95種類の乳がん関連遺伝子が、どれくらい働いているかを調べる研究用検査サービス。500例を超える乳がん患者のがん組織を分析した結果から、これらの遺伝子の働きを測定する方法が開発された。この方法を用いて、乳がんを「H」または「L」のいずれかに分類し、分類に応じた術後補助療法を選択する一助とする。例えば、ホルモン療法のみによる術後補助療法の場合、「H」タイプの 乳がんは「L」タイプと比べて再発する割合が高かったという研究結果が報告されている。

 G-TACは、エムスリーグループのマーケティング支援リソースを活用し、当該検査の認知度向上、導入医療機関を増やすことで、販売の拡大を推進する。また、G-TACが構築する独自の「臨床遺伝専門医」のネットワークを活用し、検査受検前の相談から受検後のフォローアップまで、一貫した相談体制を構築する方針だ。(編集担当:慶尾六郎)

「ヤフージャパンニュース」より引用

   95種類もの関連遺伝子を調べることで、治療の有用性や再発のリスクを知れるのは

   画期的ですね。このネットワークがも広がることを期待したいです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード