乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

過度のストレス抱えていませんか??

学生生活、社会人生活において、全くストレスを感じずに生活するということは、

大変難しいことですよね。

乳がんは、ストレスとの関係性があるといわれています。

乳がんの原因と言われる説

 

乳がんは、昨今の研究によってエストロゲン(卵胞ホルモン)の過剰な分泌が関係しているといわれています。このエストロゲンの分泌を促してしまうのが、ストレスや不規則な睡眠、脂質を多く摂取すると言った偏った食事に原因があるのではないかとされているのです。

女性は男性よりもストレスによるホルモンバランスの乱れが大きいとされており、ストレスを感じた時の体に出る変化も大きいのです。こういったことから、女性特有の乳房に癌を患うケースに発展し、放置しておくと取り返しができない大病にまでなってしまうのです。

「キュアの癒し系ブロブ」より引用

   ストレスでホルモンバランスが崩れ、吹き出物ができたりするのも、身体からのサインなのかも

   しれませんね。

乳がんの発症率について

乳がんの発生率が高いと言われる職業は、教師やOL、経営者などです。これらの職業は、男女の優位性があまりなく、女性でも激務をこなす方が多い職業でもあります。教師や経営者は寝る間を惜しんで仕事をしなければならなかったり、競争社会の中心で働く女性が多くいるので、特に発症するケースが多いようです。

これだけで乳がんとストレスの関係性を語ることは難しいですが、上記の乳がんの原因に紐づけると、ストレスと乳がんは何かしらの関係があると見ることができます。教師やOL、経営者の女性の方は、ストレスを抱え込まず、適度に解消しながら仕事を進めてください。

「キュアの癒し系ブロブ」より引用

   現代社会でストレスを抱えずに生活するのは難しいです。

   しかし、それを上手く発散できる方法や場所があることが大切なようです。

ストレスによる食事の変化

ストレスがたまると、外的な要因でストレスを解消しようと働きます。つまり、暴飲暴食、不規則な時間の飲食、偏食などになりやすくなります。一説では、乳がんの原因の一つとしてコレステロールが挙げられています。食事の欧米化によって、パンや卵を食す機会が増え、コレステロールを過剰に摂取することによって乳がんの危険が高まってきているとも言われています。ある調査では、乳がんを患っている女性の食生活は、決まってご飯を食べる回数が少ないという結果が出ました。パンやお菓子が多く、油を使った食事や砂糖でカロリーを摂取しています。こういった食生活が乳がんの原因なのかもしれません。

ストレスがたまってコレステロールの多い食事を過剰に摂取してしまうことも、乳がんになる一つの原因です。ストレスをおさえ、規則的でバランスの良い食生活を送る事で、乳がんの危険から身を守る事ができるのです。

「キュアの癒し系ブロブ」より引用

   どうしても、ストレスを抱えると暴食しやすくなります。

   乳がんは、ストレス・コレステロールの過剰摂取が原因となることが多いようですので、

   注意が必要ですね。

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード