乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

食生活改善で乳がんのリスクを下げよう!!

がんは日本の死亡原因のトップであり、現在2人に1人がなると言われています。

そして女性が特に注意したいのが乳癌です。女性がかかるがんの部位でダントツトップだからです。

有名人でも乳癌にかかる方が増えているように感じます。まだ若いのに、自分とそれほど変わらない年齢なのにと考えると他人ごとだとは思えませんね。

また乳房の再建技術が向上しているといっても、手術でメスを入れたり、乳房を失ったりするのは肉体的にも精神的にも受けるダメージは相当大きいと考えられます。

乳癌の発症原因はまだはっきりと解明されているわけではありませんが、生活習慣と大きく関係していることがわかってきています。

少しでも乳癌リスクを減らすためにできることを知り、ガンにならない体づくりに役立てましょう。

「女性の美学」より引用

まずは現実を知るこ

乳癌にかかる患者が増えていると聞いても、実際どれくらいの患者数がいるのかわからないですよね。

具体的な数字を知ることで乳癌患者がいかに多いのか、またどの年代に最も発症しやすいのかを知っておくとより危機感が出てくると思います

1970年代の乳癌患者と最近の乳癌患者数を比べてみるとその激増ぶりに驚かされます。

1970年代では1万人程度だった乳癌患者数が、1990年代にはその3倍の3万人、そして現代ではその患者数が5万人にも昇るのです。

乳癌はこの数年患者数が激増していますし、その患者層も若年化が進んでいるのが現状なのです。

がんはその種類にもよりますが、若いときにかかってしまうと細胞分裂のスピードが早いため進行も早くなりがちです。

「女性の美学」より引用

   かなりのスピードで乳がん患者は激増していることがわかります。

乳がん患者は若年層にも増えている

日本全体で見てがん患者が増えているのは、高齢化も原因です。高齢化によって老化がすすむことでがん細胞が活性化しやすくなるからです。

ところが乳癌の場合はちょっと違います。それはたとえ年齢が若くても発症するリスクを持ち合わせているからです。

実際に乳癌患者の年齢層を見てみると、40代以降にかかるケースが最も多く、最近は20代から30代でかかる若年性乳癌の患者数も増えてきているのです。

一昔前はそれほど多くはなかった乳癌患者。それがたったの20年から30年で激増してしまっているのには、一体どのような原因が考えられるのでしょうか。

「女性の美学」より引用

   ここ20~30年で乳がん患者が激増した原因はどこにあるのでしょう。

   食事、出産回数の減少、ストレスなどいろいろあるようです。

食事と密接な関係

この20年から30年で私たちの身の回りの生活が大きく変化しましたよね。変わったことの一つが食生活ではないでしょうか。

日本人の昔ながらの食事といえば

  • ご飯
  • お味噌汁
  • 漬物
  • 納豆

などの和食が中心だったと思います。

ところが食生活が欧米化したことで今まで以上に肉類やバターといった高脂肪、高カロリーの食事をとる機会が増えました。

その結果日本人の平均身長が伸びただけでなく、初潮を迎える年齢も早くなり昔と比べて成長が早くなってしまったのです。

乳癌にかかる原因を作るのが女性ホルモンの影響。

初潮が早いということはそれだけ女性ホルモンの影響を長く受けることになります。それが乳癌発症率にもつながっているのです。

「女性の美学」より引用

   食事は一番身近に改善できるものだと考えます。

   全てを節制することが難しくても、昔ながらの和食中心の食事を取り入れてみるのは

   いいことですね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード