乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

若年性乳がんに関するまとめ

26歳でステージ4の乳がん発覚、私が決めたライフデザイン ~憧れのNYに行く~

皆様こんにちは。 前回は「自分の居場所」について投稿して下さった広林依子さん。 ありがたいことに3回目の記事更新をして下さっています。 今回の記事は読んでいるあなた...

26歳でステージ4の乳がん発覚、私が決めたライフデザイン~自分を取り戻すとっておきの場所~

皆様こんにちは。 前回ご紹介した、私と同じ26歳で乳がんを発症されたデザイナーの広林依子さんがブログを更新されましたので、紹介させて頂きたいと思います。 今回は『20...

26歳でステージ4の乳がん発覚、私が決めたライフデザイン ー強く美しくー

「乳がん」。 それは現代の女性11人に1人の確率で発症すると言われている病です。 小林麻央さんや北斗晶さん等芸能人の方が発症し、 公表され最近は聞き慣れてきたと思わ...

若年性乳がん悩み語り合おう 患者サロンが初企画

若い母親対象の「若年性乳がん患者の集い」が3月18日(土)、和歌山市手平のビッグ愛9階で開かれる。 病気への不安や生活の悩みなどを語り合う「乳がん患者サロン・ス...

「居場所があるから頑張れる」若年性乳がんフラチーム​、仲間と踊って自然と笑顔に

20~30代で乳がんになった女性たちが、フラチームを結成している。 体調がすぐれないときもあり、頻繁には集まれない。 動画を見て練習し、ステージ本番に心を合わせる...

若年性乳がんを知る、語る 支援団体が「サミット」

ここまでわかった遺伝性乳がん 若い女性が乳がんを発症すると、治療だけでなくその後の妊娠や出産、授乳などにも多くの不安や苦悩を抱える。 医療の現状と課題を学...

がん患って見えたモノ

病気と向き合う 日本人の死因の3人に1人はがん。 晩婚化や高齢化も進む社会では、独身や独居のがん患者は少なくない。 治療に伴って体調や気持ちが変化する中、時に周...

「がんって、不幸ですか?」日テレ報道記者・鈴木美穂氏が語った乳がん闘病から7年間の記録

「がんになっちゃった……」。 2006年に日本テレビに入社した鈴木美穂さんは、入社3年目の24歳の時に突然の乳がんの宣告を受けます。 右胸全摘手術・抗がん剤による...

乳がん経験から団体設立へ・・・ テレビ局記者 鈴木美穂さん 

民放テレビ局社会部記者(厚生労働省担当)だった鈴木美穂さん    彼女は2004年 当時24歳であり社会人3年目の働き盛りに 乳がん ステージⅢ(大きさ5cm)と診...

若年性乳がんとは…

若年性乳がんとは、あまり聞き慣れない言葉ですが… 若年性乳がんとは… 若年性乳がんは34歳以下で乳がんにかかった場合を言いますが、妊娠、出産など生活環境の変化から...

1
温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード