乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

乳癌にもビタミンC療法

ビタミンCの効用について再度おさらい

 

1.抗酸化物質であり、正常細胞に働きかけ免疫力を高める

2.過酸化水素という活性酸素を放出する

 正常細胞は過酸化水素を中和するカタラーゼという酵素を持つが、この酵素を持たないがん細胞は中和できずに死滅する

3.がん細胞が新生血管を作るのを抑制する

4.抗がん剤の副作用を和らげる

5.ナチュラルキラー細胞を増加させる

以上の様な効用があります

そして大切なことは標準治療と組み合わせるということ

標準治療なくして劇的な改善は見られません

ビタミンCとの組み合わせ

標準療法に加え、様々な組み合わせが効果を奏でると報告があります

例1:担子菌抽出混合エキス『バイオレック』

 キノコ菌糸体培養培地抽出物と植物性多糖反応抽出物の混合食品

 ビタミンC との併用で強い免疫賦活作用と抗がん作用を出す

例2:リポ・カプセルビタミンC

 ビタミンC をリボソームカプセルに内包し、腸からの吸収を高め血中に届ける経口サプリメント

 大量のビタミンCの静脈投与に近い効果が得られる

例3:セイヨウヒルガオの葉のエキスであるシースタチン

 血管新生を抑制し、免疫力を高める

例4:殆どの果実・ハーブ・野菜に存在するサルベストロールのサプリメント

 がん細胞にのみ存在するCYP1B1に代謝され、がん細胞の細胞死を導く

日々新たな免疫系システムの発見がなされ、伴い抗がん作用の医薬品やサプリメントが開発されています

正確な情報を入手し、ご自身の状態によりビタミンCの投与量や回数・サプリメントや治療をビタミンCと組み合わせを処方してもらえる医療機関・主治医を見つけることがますます重要になります

引用:つらくないがん治療

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード