乳がん治療の専門サイト「乳癌どっとコム」

エストロゲンをエサにして増殖する乳がん細胞がある!乳がんのホルモン療法の種類とは??

女性ホルモンであるエストロゲン。

このエストロゲンがが乳がんのがん細胞の増殖の原因の1つであることが分かっています。

エストロゲンと乳がんのがん細胞との関係

乳がんの60~70%は、女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受けて、分裂・増殖します。つまり、エストロゲンが乳がん細胞の中にあるエストロゲン受容体と結びつき、がん細胞の増殖を促します。このように、エストロゲンを取り込んで増えるタイプの乳がんを「ホルモン感受性乳がん」といいます。

http://www.takeda.co.jp/patients/disease/b_cancer/medical/me_06.html

 

半分以上の割合で、エストロゲンにより乳がんのがん細胞が増殖します。

そして閉経前と閉経後、エストロゲンの分泌の仕方が少し違います。

ホルモンががん細胞に作用するしくみ

http://www.gan-info.com/329.3.html

閉経前は、脳から卵巣に向かって女性ホルモンを出しなさいという指令がでて、卵巣からエストロゲンが放出されます。

一方、閉経後は副腎という腎臓の上にくっついている臓器から、アンドロゲンというホルモンが出ます。そして脂肪の中にあるアロマターゼという酵素と、アンドロゲンが結びつくとエストロゲンに変化するという仕組みになっています。

この仕組の違いにより、使用するホルモン療法のお薬の内容も異なってきます。

ホルモン療法の種類

次にホルモン療法にはどのようなお薬があるのでしょうか。

http://www.v-next.jp/contents_08.htm

 

①LH-RH

エルエッチ アールエッチアゴニスト製剤”は、卵巣でエストロゲンを作ることを促す下垂体のホルモンの働きを抑える作用があります。このため、閉経前の患者さんにこの薬を皮下注射すると、卵巣におけるエストロゲンの産生能が低下して、体内のエストロゲンの量が減少し、ホルモン依存性の乳がんの増殖が抑制されます。

https://www.nyugan.jp/after/drug/hormone.html

http://www.v-next.jp/contents_08.htm

 

②アロマターゼ阻害薬

卵巣機能が低下した閉経後の人では、前ページの図のように、乳がんの増殖を促すエストロゲンは、副腎から分泌された男性ホルモンをもとに脂肪組織などで作られます。“アロマターゼ阻害剤そがいざいは、男性ホルモンからエストロゲンを作るときに必要な酵素(アロマターゼ)の働きを抑える作用があります。

https://www.nyugan.jp/after/drug/hormone.html

http://www.v-next.jp/contents_08.htm

③抗エストロゲン剤

乳がんのホルモン療法剤の中で、これまで最も標準的な薬に位置づけられ、世界中で広く使用されてきたのが“こうエストロゲン剤”です。この薬は、乳がんの増殖を促すエストロゲンがエストロゲン受容体(ER)と結合するのを妨げることにより、ホルモン依存性の乳がんの増殖を抑える作用をもち、多くの臨床試験で乳がんの縮小効果や再発抑制効果が確認されています。閉経状況を問わず効果を示します

https://www.nyugan.jp/after/drug/hormone.html

http://www.v-next.jp/contents_08.htm

 

④合成プロゲステロン剤

主に、進行・再発・転移乳がんに処方される薬です。
強力な黄体ホルモン作用でエストロゲンを減少させますが、作用は複雑で不明な点も多いようです。
抗がん剤の副作用を軽減する効果もありますので、抗がん剤と併用されることもあります。

http://www.v-next.jp/contents_08.htm

近年は、医療の発達によりさまざまなホルモン治療薬が開発されています。

患者様のお体の状態によってお薬の内容も変わります。

今からホルモン療法を始める方やもうすでに治療をされている方、どのようなお薬を使用しているのか理解して治療に臨むことが重要なことだと思います。

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事の著者

カテゴリ一覧

温熱治療と他の治療を併用できるクリニック

新着記事

東洋医学の癌の捉え方。

daifuku

アルツハイマー病に、乳がん原因遺伝子が関与?

caffellatte

現代の食事の生活習慣とは。~乳がんとの関係~

daifuku

10月は乳がん早期発見強化月間!

caffellatte

癌と保険について。

daifuku

話題のキーワード